断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【おのころ心平】幸せは、毎日、小さくつくる。

2017/06/03(土)

【おのころ心平】幸せは、毎日、小さくつくる。

カテゴリー:おのころ心平, メルマガバックナンバー

 

FROM おのころ心平

おはようございます。
おのころ心平です。

ずいぶん前の話になりますが、
電車の中でスーツ姿の老紳士に
足を踏まれたんです。

かなり混んでいましたから
しょうがなかったんですけどね。

でも、ムッとしてしまいました。

※ ※ ※

そしたら、その老紳士、
「ああ、すみません」と言って
腰を折り曲げ、手で僕の靴を
払ってくれるんですよ。

僕は思わず、そこまでしてくれる
この人の手をとってしまいました。
「いや、大丈夫ですから」…。

見たところ、お歳は70前後の老紳士。
その方から見たら、僕なんぞは
ジーパンをはいた、そこいらの若造です。

でも、この方は相手が誰であれ、
このようにするんでしょうね。
この方のポリシーが伝わってきて、
ムッとして(たぶん相手をジロッとみて)
しまった自分を後悔してしまいました。

※ ※ ※

こういう行為っておそらく、
その人の生き方の積み重ねなんだ
と思いました。

状況のせいにしない。
謝るべきはきちんと謝る…

なかなかできることじゃないですね。
僕が70歳くらいになった時、
こうした行為がとっさに出るだろうか?
と思いました。

人を幸せにしたり、社会を幸せにしたり、
そんなこと、自分にはできっこない、
と思っている人って多いと思います。

でもね、そんなの、毎日の、
小さな積み重ねだなって思うんです。

※ ※ ※

コンビニで、両手で丁寧に
お釣りを渡されたとき…、

重い荷物を持って階段を上っていて
前から来た人が少しよけて
道をあけてくれたとき…、

正直に、うれしいなって思いますよ。
そして少し、幸せな気分になります。

コンビニ店員さんだって、
こっちから「ニコ」って
笑みを投げかけたら、
すこし喜んでくれるでしょう。

目の前の見ず知らずの人に、
少し思いやりを持つだけで、
それって、社会を幸せに
できてるんじゃないか…。

※ ※ ※

日常生活に込めるココロ。
先の老紳士のように
ちょっとした行為に
その人の生き方が現れる。

そしてそれはまた、
自分の「カラダ」に
いちばん大切な栄養だと思うのです。

今日は、仙台におりまーす!!
昼から、かの帯津良一先生と
講演会に登壇させて頂きます。

★東北福祉大学
仙台駅東口キャンパス 63教室にて
13:00~17:20

当日券若干ありとのこと-、
直接会場まで!!

―おのころ心平

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

ムシの居所が悪いとき、
足を踏まれて思わず踏み返した
ことのある、、、小さい人間です。

そのときも後味悪かったけど、
あらためて、
ものすごく恥ずかしい
気持ちになりました。

反省。。

–青野慶子

What’s danshari ?  Let’s danshari !  Viva danshari ♪

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

おのころ心平

一般社団法人自然治癒力学校理事長。

ココロとカラダをつなぐカウンセラーとして25年間活動。これまで2万6000件、約5万時間以上のカウンセリング経験をもつ。

各症状・病気の背景に潜む心理的欲求を読み解き、カラダだけではなく、家族関係、職場での人間関係改善にまでつながる手法が特徴で、経営者、アスリート、文化人など多くのクライアントのパーソナルケアを請け負っている。他方、パーソナル医療コーディネーターとして病院や治療法の医療選択もサポート。セミナー・講演活動は年150回を超える。著書に『病気は才能』(かんき出版)、『ゆるすいっち。』(主婦の友社)などがあり、Amazonランキング総合1位になった著作を3冊もつ。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト