断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【おのころ心平】溜め込み脳。

2022/09/17(土)

【おのころ心平】溜め込み脳。

カテゴリー:.新着情報, おのころ心平, メルマガバックナンバー

 

おはようございます。
おのころ心平です。

モノを溜め込んでしまうのは、
脳の使い方なのかもしれません。。。

DSMとは
米国精神医学会がまとめている
精神疾患の診断基準のことですが、

そのDSM は1952年に
初版が発行されてから
改訂を重ねられ、
2014年以降、
最新版のDSM-5が使用されています。

そのDSM-5基準の中に
「溜め込み症(Hoarding Disorder)」
という疾患の規定があり、
強迫関連障害として扱われています。

※ ※ ※

疾患基準を簡単に
ピックアップしてみましょう。

・所有物(生活ごみ、古い雑誌・本・服など)
を継続的に収集し、
整理できず、捨てられない。

・捨てることにとても大きな苦痛をともなう
(収集物の処理をめぐって家族や隣人と
揉めることが多い)。

・溜め込みによって、日常生活、社会生活、
職業的に大きな障害となっている。

など・・・。

うーむ、ですね。

※ ※ ※

「疾患」とまではいかないにしても、
僕らの脳は、誰しも得手不得手を持つ
グレーゾーンにありますので、

片づけられない「脳」、
捨てられない「脳」
については、
これまでと違った
脳の使い方を工夫するレッスンが
必要になります。

※ ※ ※

28年間、3万件以上に及ぶ
カウンセリングの中で、何かしらの問題は
「日常の生活様式から生じる」ということを
痛感してきました。

日常の生活様式とは、分解すると、

1.その人の日常習慣、
2.その人をとりまく人間関係、
3.カラダを呪縛する過去の感情記憶と
その記憶を維持させるその人の思考グセ、

ということになります。

問題は問題にならざるを得ない
日常パターンというものが伴っています。

そこに改めて目を向け、点検しなおし、
今までにないパターン考察をほどこして、
日常に少しずつ「工夫」を
埋め込んでいくことが、
この講座の目的になります。
   ▼
https://naturalhealing-school.org/archives/evevt-info/iyashi2022
(こちらは自然治癒力学校主宰の講座です)

―おのころ心平

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週放送していた
「ほんまでっかTV」では
もったいなくて、捨てられない
芸能人がトークを繰り広げていました!

大きな穴のあいたパジャマ、
22年前のボロボロの炊飯器、
野菜炒めの残り汁など…
「まだ使えそうなモノは
 とにかく捨てられない」
と口を揃えておっしゃっていました。

他にも驚くようなエピソードトークが
ありましたが、断捨離で捨てられないと
悩んでいる人たちは、共感できる話が
多かったかもしれません。

こういった方達は、
失うこと、将来困るかもしれないことへの
強迫観念が強いのだそうですが、
「無くなっても大丈夫、困らないんだ」と
一旦、実感すると思考が変わると
専門家の方が話していました。

もし、あなたも、
そんな強迫観念に駆られているのなら、
まずは、一つでも手放すことから
始めてみてください。

きっと、案外大丈夫なことに
気づくはずです^^

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

おのころ心平

一般社団法人自然治癒力学校理事長。

ココロとカラダをつなぐカウンセラーとして25年間活動。これまで2万6000件、約5万時間以上のカウンセリング経験をもつ。

各症状・病気の背景に潜む心理的欲求を読み解き、カラダだけではなく、家族関係、職場での人間関係改善にまでつながる手法が特徴で、経営者、アスリート、文化人など多くのクライアントのパーソナルケアを請け負っている。他方、パーソナル医療コーディネーターとして病院や治療法の医療選択もサポート。セミナー・講演活動は年150回を超える。著書に『病気は才能』(かんき出版)、『ゆるすいっち。』(主婦の友社)などがあり、Amazonランキング総合1位になった著作を3冊もつ。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト