断捨離® | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【川畑のぶこ】Q.お節介な知人との距離の取り方に悩んでいます

2024/04/03(水)

【川畑のぶこ】Q.お節介な知人との距離の取り方に悩んでいます

カテゴリー:.新着情報, メルマガバックナンバー, 川畑のぶこ

 

Q.お節介な知人との
距離の取り方に悩んでいます。

私は昨年、定年退職して
現在一人暮らしをしています。

先日、ある全3回のセミナーの第1回で
40代後半くらいの気さくな女性と
知り合いました。

セミナー後のお茶飲みで会話がはずみ
仲良くなりました。

お友達が欲しいと思っていましたので、
軽い気持ちで、
身内のことや身体のことなども
聞かれるままに話してしまいました。

数日後に、今度は私の自宅近くの
お気に入りのカフェで
お茶する事になりました。

ところが
「悩みを聞いてくれる
 凄い人を紹介してあげる」
とか
「体に良い発酵食品やお茶」
などを勧められ困惑しています。

何かの団体か、
もしくは代理店のお仕事でも
されているのかもしれません。

親しい友人でもないし、
私から何かを相談してもいないのに、
あれこれ口出しされて不愉快です。

LINEにもイベントのお誘いなど
頻繁に連絡が入ります。
お断りするのですが、
しつこいので消音モードにしました。

友人からはブロックを勧められましたが、
住んでいる町も知られているし、
逆恨みなどされたら、
と怖くてできません。

外に出る時も不安で
キョロキョロしてしまいます。
お気に入りのカフェにも行けなくなり、
気持ちが塞ぎ込んでいます。

体調を崩して残りのセミナーにも
2回とも参加できませんでした。
悔しいです。

軽い気持ちで連絡先などを話してしまった
自分が迂闊だったのですが、
もっと堂々と自由に暮らしたいです。

どのような言葉や態度で対応したら
角を立てずに距離を保てるでしょうか?

それとも友人が言うようにした方が
いいのでしょうか?

【桃太・60代・女性・無職】

―――――――――――――――――

相手を不快にさせたくないがゆえに、
答えは明らかにNOであるにもかかわらず、
それを伝えられない桃太さんの
人の良さが伝わってきます。

たしかに、その方は
何かを売る目的なのかもしれません。

あるいは、本心からよかれと思って
熱心に伝えていることが
ただのおせっかいな人かもしれません。

いずれにせよ、
桃太さんが一緒にいて不快と感じるのならば、
相手も嫌われ続ける状況に身を置くのは
不本意でしょうから、
それが伝わるように接することは
大切かと思います。

それがビジネスの目的であれば、
答えがNOだった場合は、
いちいち相手を恨んで嫌がらせをするなど、
時間の無駄であり、

とっとと次のターゲットを
見つける時間にまわさないと、
経済的な利益を獲得する機会を
損失するでしょうから、

桃太さんとは、
自ずと関わらなくなると思います。

一方で、桃太さんが気のあるふりをすれば、
相手は見込みがあると勘違いして
熱心に売り込んでくるわけで、

その気がなければ相手も翻弄され、
真に利害が一致して、
喜んで製品を使ってくれる人と関わる時間を
奪われることになります。

これはお互いにとって不利益です。

相手の気分を悪くさせないことには
成功しているかもしれませんが、
双方の利益にはつながっていません。

相手が経済の損得感情抜きに、
純粋にご縁のある桃太さんに
いいものを伝えたいという思いから
アプローチしているのなら、

その気持はありがたく受け取りつつも、
やはり内容に関しては
自分にはしっくりこないから
お断りすることを伝えたらよいです。

その際、自分でも調べてみて
検討すると伝えたうえで、
後日検討した結果やめておく
と伝えてもいいわけですし、

以前、サプリメントが合わなくて
大変な思いをしたとか、
ビジネススキームが苦手なもので
嫌な思いをした経験があることから
慎重になっているなどと
伝えても良いのではないでしょうか。

また、
「私はNOというのが苦手で、
 なんとなく流れでYESと言ってしまい
 後悔する傾向があるので
 直さなければいけないと思っている」
などと伝えれば、配慮ある人なら
グイグイプッシュすることを
やめるでしょう。

相手に対してバカ正直になる必要はなく、
距離を取りたいという自分の心に
正直になることを大切にしてください。

はっきりものを言う人は
相手がはっきりものを言うことにも
さほど抵抗はないはずです。

相手が単に桃太さんに
マウントを取りたいのなら
離れれば良いだけです。

また、桃太さんは
相手から嫌われたくはない、あるいは
好かれたいと思っている一方で
相手のことは嫌っているのですから、
これもある意味不公平ですね。

自分が嫌っている相手に
好かれる必要はないでしょうから、
そのへんは
「嫌いな相手からは嫌われて構わないし、
 むしろ都合が良い」
くらいの潔さを大切にしてください。

みんなからよく思われることなど
不可能ですし、そうでなくとも、
桃太さんは良い人なのですから。

常に相手のニーズを満たさなくとも、
私はいい人間なんだと、
桃太さんご自身が
受け入れてあげてください。

ー川畑のぶこ

★インクルーシブネスと許しによる癒やし〜
 マインドルフルネス研修会
(どなたでもご参加いただけます)

詳細はこちら

ー川畑のぶこ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━
今あなたが抱えている悩みを
断捨離メルマガ毎週水曜日の執筆者、
心理療法家・川畑のぶこに
相談してみませんか?

誰にも打ち明けられない悩みを
打ち明けることで、心が
ラクになることもあります。

お寄せいただいた
相談の中から一つ取り上げ、
川畑のぶこがお答えします。

川畑のぶこへの質問・ご相談はこちらから

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

川畑 のぶこ

心理療法家 ・ 断捨離アンバサダー

 

東京都出身。米国マサチューセッツ州エンディコットカレッジ卒(AA)後、経営コンサルティング会社、貿易会社勤務を経て、米国にて通訳・コーディネーターとして独立、通訳の仕事を通じて心理療法に出会う。

 

2002年に日本帰国後、都内を中心とした複数の医療機関において、がん患者や家族のメンタルケア、および心の悩みやストレスを抱える人々に対して日々カウンセリングを行う。そのほか患者会の指導、セラピスト養成研修の指導、医学部での講義、一般市民向けの講演・講義を全国各地にて行う。

 

「断捨離」を自ら実践し、メンタル面へ及ぼす影響を認識したことから、「断捨離」メソッドの普及にも取り組む。

 

断捨離関連著書:「断捨離のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離~私らしい生き方のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離アンになろう」(ディスカバー21)等

 

所属学会:日本心身医学会・日本サイコオンコロジー学会・日本予防医学会 等

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

 

 

断捨離®塾について

外部サイト