断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【小松易】片づけを疎かにすることは、人生を疎かにすること

2023/01/19(木)

【小松易】片づけを疎かにすることは、人生を疎かにすること

カテゴリー:.新着情報, メルマガバックナンバー, 小松易

 

こんにちは。

かたづけ士の小松易です。

昨年末に東京都墨田区の工場で、
つい先日も愛知県名古屋市の工場で、
それぞれ火災事故が発生しました。

原因究明には時間がかかりそうですが、
火災事故は起こした当人のみならず
周囲への被害が大変大きく
取り返しがつかないものです。

私たちも日頃から十分
気をつけたいものですよね。

2022年2月に新潟県のお菓子工場で起きた
火災事故では、従業員6人が亡くなるという
痛ましい結果となってしまいました。

菓子のカスが
発火原因だったことがわかっており、
従業員の証言によると

「日頃から、製造工程で排出された
 カスをきちんと清掃していなかった」

とあり、
元従業員からも

「出荷用のコンテナが工場内に
 何百個も積み上げられていたり
 不衛生な状態だった」

とのこと。

日頃から清掃や片づけがきちんと
行われていたら救えた命だったのに…
と思うと、かたづけ士として
本当に胸が痛みます。

片づけ指導を行っていつも感じることは、
工場の片づけは、
単に生産性を上げるだけではなく
ミスや事故を減らすという意味でも
非常に大切なことだいうことです。

以前、あるお客様で

「片づけなくても、
 死にはしないでしょ。」

と“究極の開き直り”を
見せた方がいました。

片づけなくても死にはしない。

それ本当でしょうか?

「リング」や「らせん」で
知られる作家鈴木光司さんが
以前あるインタビューで
話されていたことを
いまでも強烈に覚えています。

名付けて
「命にかかわる片づけ」
です。

ヨットを趣味にしているという
鈴木光司さん。

船内では、
整理整頓ができていないと
命取りになると言います。

もし、
ヨットが転覆しつつある状況になったら、
「イーパブ」と呼ばれる
緊急時位置通報無線標識を持って
救命イカダに乗り込まなければいけない。

これはGPSで救助する側にも
居場所を伝える大切な機械だそうです。

「その置き場所がわかんなかったら、
 下手すりゃ死んじゃうんだぞ」

よく「鍵がない!」とあせる
2人の娘に整理整頓の大切さを伝える時に
鈴木さんはこの話を使うんだそうです。

自分の命を救う道具を
粗末に扱う訳がない。

そうあなたはこの話で
考えたことでしょう。

もちろん、私も同じく
ヨットに乗ることになれば
真っ先にイーパブのある場所を
確認すると思います。

では、自分の命にかかわらないモノは
適当に扱って良いのでしょうか。

一見命には関わらない、例えば、
「家の鍵」の扱いを疎かにすることは
あなたのいつもの動き、
すなわちそういう習慣を作り出しています。

モノの定位置を決めない代償は、
ずばりあなたの大切な人生の時間を
ロスすることです。

以前こんな言葉を聞いたことがあります。

「人生とは時間そのものだ」

とするならば、

「時間とはあなたの命そのもの」

なのかもしれません。

1アイテムで命を失う可能性があるのが
ヨットでのイーパブの存在。

1アイテムではもちろんないけれど、
じわじわとあなたの大切な時間という
命を削っていくのが、

普段無意識に雑な扱いを続けている
身の周りのモノ一つ一つなのです。

「片づけを疎かにすることは
 人生を疎かにすること」

そういう意識で、
ぜひ取り組んでみてください。

さて、
今年3月末にセミナーを行う予定です。

しかも、超久々の会場開催!
いまからとっても楽しみにしています。

メルマガ読者のみなさんと
お会いできればうれしいです。

いつもあなたを応援しています!

小松易

★デジタルデータかたづけにも
カタをつけられる人になる!

パソコンのデスクトップは、
あなたのデータ片づけの「クセ」が
視覚化されている場所。

古いデータがなかなか捨てられない。

必要なファイルがすぐに見つからない。

ファイルをどこに入れたら良いか分からず、
つい適当に置きっぱなしにしてしまう。

。。。などのお悩みはありませんか?

お陰様で開始以来満席の本講座で、
そのお悩み、スッキリさせます!

『意外と知らない
 「デジタルデータかたづけの基本とコツ」
 オンラインセミナー』

「早期割引」をご用意いたしました。
ぜひご参加お待ちしております。

https://sukkirisukkiri.com/202206onlineseminar
※こちらはスッキリ・ラボ様の主催です

小松易

◆かたづけを通して人生を変えるコンサルティング
「スッキリ・ラボ」
http://www.sukkirilab.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

緊急時に備えて、
防災グッズがまとまったリュックを
玄関先に置いているのですが、
気づけばちょとした物置に。。。

小松さんのお話を聞き、
少しゾッとしました…。

“いざ”という時のために、
“いま”から片づけを始めたいと
思います。

住田莉良

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

小松易

日本初の「かたづけ士」
『かたづけを通じて人生を変えるコンサルティング』スッキリ・ラボ 代表

大学在学中にアイルランドへ留学し、トランク1つで生活できたことに衝撃を受けて帰国。物を持たない自由と幸せを実感し、自然とかたづけに意識が向くようになる。大学卒業後は建設会社に入社し、現場でかたづけの重要性を学ぶ。その経験から、プライベートで知人にかたづけを教え、かたづけのさらなる可能性を実感する。株式会社フジタを退社後の2005年、"かたづけ"を通して人生を変えるコンサルティング「スッキリ・ラボ」を開業。現在は経営者・企業向けに"かたづけ"のコンサルティング、セミナー活動を行う。今まで延べ2万人以上にかたづけ講演・研修を行っている。その活動は、「ガイアの夜明け」(テレビ東京)、「ドキュメント20min」「サラリーマンNEO」「めざせ!会社の星」「助けて!きわめびと」(NHK)などに取り上げられ、反響を呼んでいる。

著書はシリーズ累計47万部『たった1分で人生が変わる片づけの習慣』(KADOKAWA /中経出版)、『「すぐやる人」になる1分片づけ術』(日本経済新聞出版社)ほか多数。最新刊は『「かたづけ思考」こそ最強の問題解決』(PHP研究所)。「近代セールス」「月刊不動産流通」「東商新聞」などで連載実績あり。「やましたひでこ断捨離メールマガジン」などで連載記事を執筆中。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離®塾について

外部サイト