断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】モノの流れを捉える視点

2022/05/02(月)

【やましたひでこ】モノの流れを捉える視点

カテゴリー:.新着情報, やましたひでこ, メルマガバックナンバー

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

5月2日、月曜日
<旧暦卯月二日>

黄金週間連休真只中。
その間の平日月曜日。

お休みの人もいれば、
仕事の人もいるわけで。

ですよね。

「黄金週間」といえども、
やはり、人さまざまで。

だから、いつも同じことが思い湧いてくる。

人々がこぞって行楽に、旅にと赴く時に、
それを支えるために、いったいどれほどの
人々が仕事に精を出しているのだろうかと。

けれど、それは、なにも特別な連休に限った
ことではなく、日常でも同じこと。

私がレストランで食事を愉しんでいる時、
それを作り給仕してくれている人がいる。

私が列車でのんびりと移動をしている時、
それを運転してくれている人がいる。

私が根城マンションで
ぐっすりと寝ている時に、
それを保守管理してくている人がいる。

そう、私の愉しみも、
のんびりも、ぐっすりも、
多くの人々のお仕事、
さまざまな人々の働きのおかげ。

そして、なにより思うことは、
今、私の目の前にあるモノたち。

私のところに届くまで、それまで、
どれだけの人の手を経てきたことか。

私がそれを始末した後、これから、
どれだけの人の手を借りるのだろう。

そんなふうにモノの流れを捉える視点こそが、
断捨離の俯瞰力。

そうだ、私には忘れられない光景がある。

ずっとずっと以前、おそらく40年近く前、
北陸道から名神をドライブした時。

目的地は伊勢。
そして、目的は伊勢神宮参拝。

その帰途、深夜0時あたり、
立ち寄った高速道路のサービスエリアの
駐車場は大型トラックが何台も幾台も
停車していて満杯、うどん、そばといった
軽食を取れるコーナーは満席。

私は驚いた。

なんと、こんなにも大勢の人たちが、こんな
にも大量の荷物を、深夜に運んでいたとは!
そうだ、神恩感謝もとっても大事だけれど、
このような人々にこそまず感謝しなくては!

以来、その光景を折に触れて思い出すたびに、
いつか、こんなことが出来たらいいなと
勝手に希(こいねが)っていた。

深夜便のトラック運転手さんに、
なにかしら語りかけることができたらと。

そう、あからさまに感謝を伝えることも
気恥ずかしいし、励ますのもなんだか
偉そうで憚(はばか)られる、だから、
やんわりと語りかけられたらと。

それが、思いがけず叶うことになった。

NHKラジオ深夜便「ミッドナイトトーク」
断捨離やましたひでこレギュラーゲストに。
https://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/b2.html

初登場は、明日3日夜11時過ぎ、
そして翌1時近くまでの2時間。

さてさて、
どんな内容となるかは私にもわからず。
なんといっても生放送だから。

けれど、深夜のお仕事人の仲間入りが出来る
なんて、こんなに嬉しいことはないですね。

だだし、隔月1回年6回の深夜仕事で
申し訳ない程ですが。

有難うございます。

あなたにとって、
わたしにとって、
最善最良最高の舞台が
用意されますことを。

やましたひでこ

ブログ:https://ameblo.jp/danshariblog/
Instagram ID:dansharihideko

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

昔、父が新車を運ぶ
長距離トラックの運転手をしていました。

子どもの頃は、時々、
仕事についていって
大きなトラックに乗せてもらうのが
楽しみだったのを覚えています。

高い位置から眺める夜の高速道路は、
とても綺麗でワクワクしました。

でも、私はすぐに眠くなって
寝てしまっていたのですが、
父はずっと起きたまま
長い距離を運転していて
子どもながらにすごいなと感じていました。

こんな風にいつも仕事を頑張って
私たちを育ててくれたんだと
本当に感謝です。

そして、今自分の身の回りにあるモノたちも
たくさんの人の手を経て届いたのだと思うと
しっかりと活用してメンテナンスをして、
大切にしたいと改めて思います^^

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト