断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】だからこそ、身軽に。

2022/03/28(月)

【やましたひでこ】だからこそ、身軽に。

カテゴリー:.新着情報, やましたひでこ, メルマガバックナンバー

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

3月28日、月曜日。
<旧暦如月26日>

驚いたことに、
3月も余すところ後3日。

いったい今月は
何をしていたのだろうかと思うくらい、
目まぐるしい日々が続いた。

それは、まるで、
2年にわたるコロナ自粛禍という
長いトンネルを抜けるいよいよ最終段階
となって、お試しが入ったかのごとく
紆余曲折だらけのひと月間。

出口を目前にして、トンネルは
急に細く狭く曲がりくねってしまい、
壁にぶつかり、足をとられて、
かろうじて出口に辿りついたような感覚。

それでも、トンネルは抜けた!

それを喜ぼう。

けれど、とても残念なことに、
このトンネルを一緒に
抜けらなかった人たちもいる。

出口を前にして、
迷路に嵌(はま)ってしまったのだ。

出口を前にして、
落とし穴に足を取られてしまったのだ。

出口を前にして、
力を失いうずくまってしまったのだ。

もちろん、以上は、比喩的な表現。

つまり、断捨離すべき人間関係に
未練を残してしまって。

つまり、断捨離されても仕方のない
墓穴を自らが掘って。

つまり、断捨離せずに抱え込んだ
人間関係に圧迫を受け。

出口が見えずに立ちすくんでいるのです。
出口が見えても足踏み状態でいるのです。

つくづくと思う。

これからの時代は、以前にまして
身軽でいないと生き辛くなるだろうと。

モノを止め置いて。
モノを抱え込んで。
モノを溜め込んで。

そう、大量なモノは、
私たちを、物理的にも心理的にも、
身動きを取れなくしてしまう力を持っている。

そう、私たちは、モノによって励まされ、
力を与えられもするけれど、
それが過剰になると、一転、
真逆の作用を受けることになるのです。

おわかりですよね、それは、
モノに限ったことではなく、
コトであったり、
ヒトであったりしても同じこと。

いえいえ、そうではなくて。

余計なモノを
たくさん溜め込んでしまうということは、
すなわち、たくさんの煩わしい物事を
抱え込んでしまうことでもあり。

そして、忌まわしい人間関係の中に
自分をずっと押し止めることになる。

なぜなら、それらは、
自分自身の意識がなせるわざだから。

とはいえ、トンネル抜けたはずの
私たちの目の前に広がる草原にも、
いったい何が潜んでいるかは分からない。

どうやら、そこに平穏や安穏だけが
待ってくれているだけではなさそうですね。

自然災害もあれば、
国際紛争侵略もあれば、
経済危機だってあるし、
ライフラインの供給逼迫(ひっぱく)も
待っているかもしれない。

だからこそ、身軽に。

いつだって方向転換できるように、
どこででも軌道修正できるように、
いつでもどこでも自由に移動、
自在に行動を起こせるように。

住まいも、身体も、意識も、
断捨離でいつも軽やかにしておこうか。

そうれば、どんな状況でいようとも、
どんな情況になろうとも、
自分の人生を果敢に
進んでいくことができるはず。

どうでしょう、そうは思いませんか。

有難うございます。

あなたにとって、
わたしにとって、
最善最良最高の舞台が
用意されますことを。

やましたひでこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

この仕事に就くまでは、
キャリーケースを
使用するのは年に数回でした。

だから、たまに
旅行などでパッキングをすると、
あれもこれも必要じゃないか、
何か忘れているのではないか、
と、不安でいっぱいでした。

でも、出張でよく使うようになると、
以前のようにたくさんの荷物を
持っていくこともなくなり、
もし、何かを忘れても
現地で買えばいいかと
楽観的でいられるように。

当然、持っていくモノが減ったので
身軽に移動できるようになりました。

家の断捨離を進める上でも、
行動をしていない時は、
不安でいっぱいになりますが、
いざ、行動してみると、
案外大丈夫なのだと気づくはず。

もし、まだ動き出せていないのなら、
まずは一歩踏み出してみてくださいね^^

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト