断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】人生はいつも今

2022/01/10(月)

【やましたひでこ】人生はいつも今

カテゴリー:.新着情報, やましたひでこ, メルマガバックナンバー

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

1月10日、月曜日
<旧暦師走八日>

成人の日

新成人となられた若者たちに
心からのお祝いを。

感染症蔓延という試練の時代に
大人となっていく若者たち、
いったいどんな胸中なのだろうと
思わずにいられない。

さてさて。

この三連休が終わりとともに
お正月気分もお終いに。

この年末年始の休暇を振り返ってみれば、
とはいえ、もうみんな済んでしまったこと
なので遠い過去の出来事。

いえ、遠い出来事というよりは、
本当に起きたことかと疑いたくもなる。

まるで、出来上がったジクソーパズルが元の
バラバラのピース、記憶の断片に戻ったよう。

そして、また、同じジグソーパズルに
二度と挑む気になることもなく。

実際、かつての趣味の産物である
ジグソーパズルの完成画が
額に収まって幾枚も飾られている
住まいに遭遇することがある。

たいていの場合、
ようやっと完成したそのパズル画を、
すぐさま壊すということはしないもの。

挑戦者は達成感に浸り、
周囲の人(同居家族)はその業績(?)
に対して賞賛の意を表す。

だから、どんなにそれが空間を損なった
有様であったとしても飾られたまま。

だから、どんなに邪魔になったとしても
納戸の奥に並んで立てかけられたまま。

けれど、このパズルは、完成画に価値がある
のではなく完成画にいたる過程に意味がある。

なんであれ、達成感も、どうであれ、
それに伴う高揚感も刹那。

いつまでもそれに浸っていることは出来ない。
いつまでもそれを誇りにすることは出来ない。

私のこの年末年始を振り返る。
私のこの一年を振り返る。
私のこの十年を振り返る。

20歳となった新成人の若者たちの
何倍もある私のこの人生を振り返る。

それは、どれも同じこと。

そう、何をどう振り返ったとしても
かつての達成感も高揚感も蘇ることはなく。

だからこそ思う。

人生はいつも今。
人生はいつもこれから。
人生はいつも新しい。

新成人たちの前途、幸い多かれと願いつつ、
どうぞ、これから数多くるであろう人生の
パズルを読み解き進んで下さいますように。

有難うございます。

あなたにとって、
わたしにとって、
最善最良最高の道が
用意されますことを。

やましたひでこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

お正月に、久しぶりに
地元の友人に会いました。

地元にいたのは、
高校生までなので、
話のメインは学生時代の話。

「あの時あんなことがあったよね!」
と懐かしい話をするのは、
とても盛り上がりますし、楽しい時間です。

一方で、発展的な話は
ほとんどないのも事実です。

とはいえ、
こういった時間も大切ですし、
今、これからの話をする時間も大切。

どちらか一方ではなく、
両方大切にしていきたいなと
改めて思いました。

最近、あなたはどんな話をしましたか?

もし、過去の話をしていることが
多いなと感じたのなら、
ぜひ、現在、未来のことにも
目を向けてみてくださいね^^

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト