断捨離® | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【山際恵美子】ブランド品は断捨離できない?

2021/12/21(火)

【山際恵美子】ブランド品は断捨離できない?

カテゴリー:.新着情報, メルマガバックナンバー, 山際恵美子

 

FROM 山際恵美子

おはようございます。
ファッション・ディレクターの山際恵美子です。

いよいよ今年もあと10日ほど。
断捨離に拍車がかかっている方も
多いのでは?

私の課題はいつも『洋服』。
仕事柄&もともと好きなものなので
増えることはあっても減ることはない。

ということで、今年最後の洋服断捨離に
いそしんでいたところ、知り合いから
こんな言葉を掛けられました。

「よく、ブランドものを断捨離できますね」

最近はいわゆる高級ブランド品に食指が
動くことは皆無に近くなりましたが
ブランド品しか着ていなかった過去のある
私には、まだまだマイ・ヴィンテージと化した
お宝がたくさん残っています。

それらを、毎年少しずつ手放している。

断捨離の基本は「今、ここにいる私に
必要か否か」ですが、マイ・ヴィンテージは
今使うものではないことがほとんどなので
この基準でいえば全てアウトです。

では、なぜ手元に置くのか。

大好きなデザイナーの二度と手に入らない品
タイムレスなデザインで今も着られる
眺めているだけで幸せになれる

と言った風に、洋服というより戦友あるいは
自分が生きてきた証といったほうが
いいかもしれない品々だからです。

それでも、面白いことに心が離れて
ある時期『もういいか』となります。

私が手放すブランド品はこの類いのものです。

先の知人の問いの中には「高かったものを
手放すのは難易度が高い」という気持ちが
込められていると思います。

ブランド品はそれを所有する歓びというのも
同時に運んでくれるもの。

でも最近特に思うのは「所有する」ことに
あまり意味がないのではということ。
言い換えれば「所有している」状態が永遠に
続くことなどないのではないかということです。

今目の前にある洋服も、たまたま私のもとに
やってきて、愛されているけれど、その愛が
冷めたら、また別の恋人をみつけて花開けばいい。

そう思うと、モノを所有する意味が全く変わります。

洋服に限らず、例えば今住んでいる家を含め
自分の周りにある全てのものは
少しの間、自分との時間を共有するもの。

次に役立つ場所があるなら、旅立ってもらえばいい。

全ては地球からの贈り物で、所有者はその恩恵を
こうむり、次につなげる。

だからこそ、この地球を大切にしなければ。

年の瀬にそんなことを思う私でした。

山際恵美子

PS
ブログやインスタで
コーデや美容情報を載せているので
そちらもぜひチェックしてくださいね!

ブログ:https://ameblo.jp/yamagiwa-emiko
インスタID:yamagiwa_emiko

セミナー情報をいち早く!
無料メルマガの登録はこちら
山際恵美子公式HP
http://yamagiwa-emiko.jp/

PPS
アマゾンランキング、
ファッション部門で1位を獲得しました!

書籍:
『服を捨てたらおしゃれがこんなに「カンタン」に!』
http://123direct.jp/tracking/cr/H6S6Ry5Y/365300/26965815

9月21日(火)発売
『おしゃれ迷子はこの指とまれ! ワンシーズン10着で輝く方法』
http://123direct.jp/tracking/cr/F8hdneFm/365300/26965815

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

所有欲って本当に強いですよね。

でも、所有することには
管理の手間や失うことへの不安、
執着心など、さまざまな
ネガティブ要素が含まれています。

こういった要素にがんじがらめになり
身動きが取れなくなってしまっては
とても残念ですよね。

そう考えると、
自分との関係が終わったモノたちとは
潔くお別れし、身軽に生きる方が
モノにとっても私たち人間にとっても
ベストな選択に思います。

ぜひ、所有欲だけで
手元に置いているモノがないか
一度考えてみてくださいね^^

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

山際恵美子

ファッションディレクター

一般社団法人ウーマンメディア協会理事

 

東北大学卒業後、ロータリー財団奨学生としてフランス留学。帰国後『エル・ジャポン』創刊メンバーとして編集の道に入る。 ファッション雑誌「GINZA」元編集長。フランス語と英語を活かし、ミラノ&パリコレクションを10年以上最前線で取材。マークジェイコブスやシャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルドの単独インタビューなど独自のアプローチで注目を集める。 雑誌「エル・ジャポン」「クロワッサン」「GINZA]を経て 、書籍編集に移り、「断捨離」担当編集はじめ、ファッション、美容、医療、料理、ライフスタイルなど幅広い書籍を出版。 2016年マガジンハウスを退社後、ファッションアドバイス、執筆・編集、講演などで活躍中。

 

●山際恵美子公式ブログ●

https://ameblo.jp/yamagiwa-emiko

 

●書籍●

『服を捨てたらおしゃれがこんなに「カンタン」に!』

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

 

 

断捨離®塾について

外部サイト