断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】光と影

2021/11/01(月)

【やましたひでこ】光と影

カテゴリー:.新着情報, やましたひでこ, メルマガバックナンバー

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

11月1日、月曜日。
<旧暦長月二十七日>

朝晩の冷え込みと、
夜明け遅さと日の暮れる早さ。

やはり、秋の深まりを感じざるをえなく。

カレンダーも残り二枚となり、
カボチャのお化けを愛でる
珍妙なハロウィンが終われば、

街は、すぐさま、クリスマスの
ディスプレイにとって変わられて、
もう冬、年の瀬、年始を意識し始める。

新しいスケジュール帳には、
来年の1年間の予定がすでに沢山入り込んで。

頭も心も、先へ先へと駆り立てられて。


ここ

なんてものは、それこそ、お題目とかし、

いつ
そこ

みたいな、定まらない自分に陥る。

そこはかとない不安や焦りを感じつつ、
忙しさにかまけて、なおざり、おざなり。

まるで、自作自演の
おいてきぼり感の中に漂うがごとく。

あらら、なんて、訝しいのかしらね、自分とは。

私にしてみれば、
夏が終われば、もう、一年が
終わったような気持ちになるのが常で。

秋も冬も、消化試合のようで。

今を愉しむ。
今を味わい尽くす。

これも、呆れるばかりの難しさ。

あれ、こんな気持ちになるのも晩秋、
いえ、初冬ゆえかもしれない。

そうか、たまに、
こんな有様でいる自分も、いいか。

私の中には、光もあれば、
私の中には、影もある。

影が光を鮮やかに浮かび上がらせて、
光が影に深みをもたらす。

憂いが、時に笑顔を際立たせ、
悦びが、時に陰影を影に刻む。

ごきげん

ただ、それだけでは大人とはいえない。

影(シャドウ)もあってこそ。

◆11/05 テーマは「影 」
大好きなこのお二人と「指宿リヒト」からzoom配信。
野村哲也<写真家>
阪根博<博学家>

500名定員満席、キャンセル待ち多数につき増席!
https://ameblo.jp/danshariblog/entry-12699295462.html
どうぞ、ぜひ、ご参加くださいね。

<断捨離事務局主催ではありませんので、
お問合わせは主催者さんに>

有難うございます。

あなたにとって、
わたしにとって、
最善最良最高の道が
用意されますことを。

やましたひでこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

ありがたいことに、
私の周りにはごきげんな人が
たくさんいます。

そんな中にいると、ふと、
こんなに落ち込んだり、
後ろ向きになったりするのは
自分だけなのではないかと
思うことがあります。

でも、そんなわけはなく、
みんな光と影の面を持ちながら
それぞれ生きているんだと思うと、

ごきげんな自分も、そうではない自分も
どちらも大事なんだと思えます。

もし、「自分だけかも…」と
落ち込むようなことがある時は、
ぜひ、この「光と影」を
意識してみてくださいね^^

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト