断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】断捨離とは煩悶との戦い

2021/06/07(月)

【やましたひでこ】断捨離とは煩悶との戦い

カテゴリー:.新着情報, やましたひでこ, メルマガバックナンバー

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

6月7日、月曜日
<旧暦卯月二十七日>

そうですね、つくづくと思うに。

断捨離とは煩悶(はんもん)との戦い。

捨てたいのか、
捨てたくないのか。

その結果、捨てられないと煩悶する。

断ちたいのか、
断ちたくないのか。

その結果、断てられないと煩悶する。

離れたいのか、
離れたくないのか。

その結果、離れられないと煩悶する。

いずれにせよ、この煩悶は、

少なからず、

捨てたくない想い、
断ちたくない想い、
離れたくない想い、

それらが残っているからで。

でも、

捨てる必要性、
断つ必要性、
離れる必要性、

それらも分かっているからで。

つまり、これらの煩悶は、

感情と思考の対立。

と、以上、つまらない分析をしてみたのだけど。

この分析ほど、「する意味が見出せない」と、
これは、現場に立ってしみじみ思うこと。

それに、煩悶に浸ることが、
案外、快感となっている場合もあるし。
そう、「悩んでいる私」というポジションは、
それなりに承認欲求が満たされるから。

厄介ですね。

けれど、この煩悶は、
自分自身を著しく消耗させる。

自分を損ない、
相手を損ない、

生活を損ない、
人生を損ない、

なにより、

命を損なう。

ならば、どうしていきましょうか。

それは、言うまでもなく、

捨てた先の、
断った先の、
離れた先の、

未来の希望を思い描くことですね。

煩悶とは、実のところ、

不安と希望のせめぎ合い

そう思うのだけど。

さあ、あなたは、
どちらに軍配をあげましょうか?

すべては、あなたが決めることですね。

なぜなら、あなたはあなた自身の
人生の行司であるのだから。

やましたひでこ

追伸

恒例となった「断捨離夏祭り」

未来の希望を「断捨離トレーナー」としての活動に
見出した、四人の断捨離トレーナーが登場します。

とうぜん、煩悶もあったはずですね。

彼女たちのトレーナーに至る断捨離ストーリー、
どうぞ、お聞き逃しなく。

有り難うございます。

今日も、
あなたにとって、
わたしにとって、
最善最良最高の道が
用意されますことを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の頭の中でも、いつも
不安と希望のせめぎ合いが
起こっています。

元々の性格からいえば、
不安感の方が強いため、
なんとか心が押しつぶされないよう
必死で引き戻そうと戦っています。

確かに、
物事をどう捉えるか、
どっちを選択するかは
自分次第。

いつもそれを思い出して
今を精一杯生きるしかないんだなと
改めて思う次第です^^

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト