断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】2017年の「最適」探し

2017/02/02(木)

【やましたひでこ】2017年の「最適」探し

カテゴリー:やましたひでこ, メルマガバックナンバー

 

FROM やましたひでこ

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

2月2日、木曜日。
<旧暦睦月六日>

愛用のカレンダーを
1枚はがして2月へと。

そうですね、2月とは
新しい年の入口である1月と、
なにかと変化が訪れる3月の
間に挟まって存在が希薄なよう。

けれど、こんな緩衝地帯、
いえ、緩衝時間ですね、
この存在はとても有り難いものです。

なぜなら、ようやく新しい年への
引越しのざわめきも落ち着いて、
少しばかり気持ちに余裕を取り戻して
目の前のことが点検できるから。

かく言う私も、我が根城、
仕事場としている東京のマンションを
改めて見直しているところ。

モノを見直す。

まずは、「量」の見直し。
そして、「量」を見直していけば
自動的に「質」が上がる。

そう、モノを絞り込み
選び抜くことをするならば、かならず、
質の劣るものから捨てていくはず。
結果、手元に残るモノの質が高くなる。

これが、断捨離の最適化のプロセス。

そして、モノが今の自分にとって
最適な「量と質」になれば、
自分の日常空間は、とりも直さず
最適空間となっていくのです。

けれど、ここで大切なことはこれ。
これを、いつも心に
止めておかなくてはりませんね。

最適とは、

その時
その場

によって常に変化するということ。
ひとつの固定点がある訳ではありません。

もちろん、その時、その場にいる
自分と他者との最適が違うことは、
言うまでもなく。

昨日と今日の最適は違う。
先週と今週の最適は違う。
先月と今月の最適は違う。

春夏秋冬、最適は常に異なる。
過ぎた年と迎えた年、
最適はまったく異なる。

時間の変化を認識しての最適化。

断捨離とは、空間認識だけでなく
時間認識もしているのですね。

だから、モノを絞り込み、
選び抜くことを繰り返していく断捨離は、
あなたの空間認識能力と時間認識能力を
高め磨いてくれるものなのです。

そして、この空間認識と時間認識の力は、
あなたの生活、仕事、人生に、
とても大きな力を与えてくれるもの。
人生の大きな差となってくるもの。

さあ、2月という月は、
2016年と2017年の最適の違いを、
ていねいに見極める大切なひと月ですよ。

ずっと抱え込んだ余計なモノたちで、
「散らかる」「片づかない」という
悩みまでも抱え込んでいることから
卒業するのが、この2月。

そうすれば、あなたは、最適な状態で
「変化の春三月」を迎えることができる。
そして、いつも最適に立ち返りながら
この2017年を進んでいくことができるのです。

さあて、今日のあなたも一つでも
余計なモノを断捨離して、
あなたの最適を見つけ出して下さいね。

それでは、ごきげんさまにて。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「変化の春」

今年もまた大きな変化が起きそうです。
昨年と同じ轍を踏まないよう、
最適化して臨みたいと思います。

–青野慶子

What’s danshari ?  Let’s danshari !  Viva danshari ♪

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト