断捨離 | やましたひでこ公式サイト

著書300万部突破、断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【川畑のぶこ】[Q&A] 母と弟の不仲に悩んでいます。

2016/05/04(水)

【川畑のぶこ】[Q&A] 母と弟の不仲に悩んでいます。

カテゴリー:メルマガバックナンバー, 川畑のぶこ

 

水曜日はメルマガ読者の方から
いただいた、 川畑のぶこへの相談を
あなたにシェアさせていただきます。

―――――――――――――――――

Q:母と弟の不仲に悩んでいます。

母親(68歳)と弟(35歳)の不仲に
悩んでいます。

おととし、皮膚アトピー持ちの弟の
お嫁さんが、2週間の予定で湯治に
でかけました。

皮膚アトピーがかなり悪化して、
お嫁さんも精神的にかなりまいって
いたらしいのですが、母親に相談も
なく予定を決めてしまったにも関わ
らず、当時4歳の甥っ子の面倒を
母親がひとりで見ることになりました。

甥っ子の面倒を見ることは、母親に
とって苦痛ではなかったようですが、
相談もなく湯治の日程を延ばすなど
があり、母親が楽しみにしていた
同窓会やイベントに参加することが
できなかったそうです。

弟も家のことを手伝っていたように
は思えませんが、妻の不在はそれな
りに負担だったのかもしれません。
甥っ子のことで、母親にキツくあたる
ことがありました。

普段からお小言の多い母親ではありま
すが、この件は感謝はされても文句を
いわれる筋合いはない!と一挙に関係
が悪化してしまいました。

お嫁さんが戻ってきてから、なんとか
関係修復がはかれないかと取り組みま
したが、2人とも自分は悪くない、相手
が悪いと思っているので修復どころか
ますます悪化していきました。

去年、弟が母親に対して「人間として
嫌いです」というコトバを発したらしく、
これが決定打となり今は絶縁に近いです。

家族なんだからできれば仲良く過ごし
たいのですが、どうしたらいいのでしょうか。
母親が孤立をしているのが心配です。

【あかいこい・38歳・会社員】

―――――――――――――――――

A:

FROM 川畑のぶこ

あかいこいさんの家族愛がひしひしと
伝わるご相談内容ですね。

家族だから仲良く過ごしたい。

たしかにそうですよね。
家族ほど自分に近い人間関係はありま
せんし、それが幸せと調和に満ちたも
のであるに越したことはありません。

しかしながら、家族だからこそ表面的
な付き合いではなく、本音でぶつかり
合えるというのもまた事実です。

家族にはいろいろな役割があると思い
ます。愛や思いやりを実践する役割。
自分の影の部分を浮き彫りにしてくれ、
その課題に取り組む機会をあたえてく
れる役割。

おそらく、あかいこいさんのご家族
の場合、いまは後者が前面に出てい
る時期なのではないかと思います。

あかいこいさんの文章から、お母様も
弟さんも、お互いに「認めてくれ」と
叫び合っているようなイメージが
浮かびました。

そして、「あなたが認めてくれないから、
自分もあなたを認められない」と駆け
引きをしているのではないかと。

病気というのはメッセンジャーであり、
時として無意識で否定的な問題解決者
の役割を果たします。

ニーズ ーたとえば周囲の思いやりを
感じるとか、ゆっくり休んで自分自身
の時間を取るなど-を満たしてくれたり、
先延ばしにしていた大切な課題を浮き
彫りにして取り組みやすくしてくれた
りもします。

お嫁さんの病気は彼女自身、それが
個人的なことなのか、それとも家族
との関係においてなのかはわかりませ
んが、またそれが物理的なことなのか、
身体的なことなのか、それとも精神的
あるいは社会的なことなのか、それとも
それらの複合的なものなのかはわかり
ませんが、ストレス下に晒されている
状態から、何がしかの調和を取り戻す
ための大切な機会であったのではない
でしょうか。

それと同時に、彼女の家族、すなわち、
夫であるあかいこいさんの弟さんや、
義母であるあかいこいさんのお母様と
の課題を浮き彫りにする機会でもあっ
たのではないでしょうか。

家族の中の心理社会的不調和が、家族
メンバーの誰かの身体的不調和に現れ
ることはよくあることです。

すなわち、あかいこいさんにとって、
問題はお嫁さんの湯治の予定が予め調整
されなかったことのように見えるかも
しれませんが、それは問題の本質では
ないということです。

湯治の予定が延びたと言う出来事が、
家族が先延ばしにしていた課題に取り
組むきっかけを作ったというのが本質
のように思います。

それがアトピーであれ、がんであれ、
病気というのは残念ながら、私たちの
予定通りには癒えてくれませんし、
入院や治療が本人の希望より延びること
は一般的にありうることです。

大切な者が、病んだり、傷ついたり
した時に、緊急で助け合うのもまた
家族の役割でしょう。

お母様もご自身の娯楽よりも、孫や
家族の苦しみを取り除くこと、すなわ
ち慈悲の実践を自らの意思で優先され
たのではないでしょうか。

母親の心理、祖母の心理としては至極
自然なことであり、健全であるかと
思います。もしも娯楽を選択していた
ら、後々罪悪感で苦しんだのかもしれ
ません。

いずれにせよ、お母様はお母様の意思
で選択をする権利がありますし、そこ
には敬意を払ってあげることが大切だ
と思います。時として痛み(娯楽を諦
めるなど)が伴うかもしれませんが、
人生においてすべての痛みが取り除か
れる必要は必ずしもないかもしれませ
んし、そこから私たちは忍耐という
智慧を身につけるのかもしれません。

このように、お母様と弟さんの本質的
な課題は、嫁の素行ではなく、互いを
どのように健全に認めあうか、さらに
掘り下げるなら、それぞれが相手(親
や子)を使うことなく、自分自身を
健全に認めるかということにあるように
思います。

どこかに「私を認めてよ!でないと良い
母親だと自分で認められないのよ!」
あるいは、「俺を認めてくれ!でないと
俺は親思いの良い息子だと自分を認めら
れないんだ!」という苦しみの叫びが
あるのではないでしょうか。

あかいこいさんご自身は、自分の好み
や都合のよいかたちやタイミングで
ないにせよ、母親には母親の、弟には
弟の課題があり、今彼らに必要な
プロセスにいる。そして、いつかその
課題をクリアしていくと信頼して、
表面的な仲良し家族への執着を手放す
ことが、楽になるための近道かと思い
ます。

このような時に大切なのは、たとえ
お母様と弟さんの仲が悪くても、
あかいこいさんご自身が、二人を泣き叫ぶ
我が子のように暖かく包み込む気持ちで
見守り、それぞれに愛情をかけていくこと
ではないかと思います。

弟さんがどうであれ、お嫁さんがどうで
あれ、あかいこいさんがお母様に愛情を
注ぐことは可能です。また、お母さんが
どうであれ、あかいこいさんが弟さんに
愛情を注ぐことはできるはずですから。

★川畑のぶこカウンセリングゼミ
・日曜昼コース→満席となりました
・金曜夜コース→残席1席となりました
詳細はこちら:http://goo.gl/sN1S69

※川畑のぶこさん個人が主催する講座です。

PS
「相手を信頼する」ことが難しくても、
「信頼できると感じられる自分」になら、
自分自身の力でなれます。
その方法は、、、

http://123direct.jp/tracking/cr/kU4K7AGT/223841/18266578

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

突破口がないなーと思うことでも、
「別の視点」で見てみたら、
案外手の届くところに解決策があった、、
ってこと、ありませんか?

「誰かに相談」という選択肢、
どんどん使っていいと思います。

水曜の断捨離メルマガでは、
川畑のぶこさんが答えてくれます。

あなたが今抱えている『悩み』を
お聞かせください。

質問はこちらから

https://business.form-mailer.jp/fms/99a39ced23382

–青野慶子

What’s danshari ?  Let’s danshari !  Viva danshari ♪

<メルマガ登録>
※PC:こちら からご登録ください。
※携帯:こちらから空メールをお送りください。

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

川畑 のぶこ

心理療法家 ・ 断捨離アンバサダー

 

東京都出身。米国マサチューセッツ州エンディコットカレッジ卒(AA)後、経営コンサルティング会社、貿易会社勤務を経て、米国にて通訳・コーディネーターとして独立、通訳の仕事を通じて心理療法に出会う。

 

2002年に日本帰国後、都内を中心とした複数の医療機関において、がん患者や家族のメンタルケア、および心の悩みやストレスを抱える人々に対して日々カウンセリングを行う。そのほか患者会の指導、セラピスト養成研修の指導、医学部での講義、一般市民向けの講演・講義を全国各地にて行う。

 

「断捨離」を自ら実践し、メンタル面へ及ぼす影響を認識したことから、「断捨離」メソッドの普及にも取り組む。

 

断捨離関連著書:「断捨離のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離~私らしい生き方のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離アンになろう」(ディスカバー21)等

 

所属学会:日本心身医学会・日本サイコオンコロジー学会・日本予防医学会 等

 

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

無料メルマガ登録

断捨離の配信情報をメールでいち早くお届けします

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト