断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【川畑のぶこ】<Q&A>結婚の悩み

2013/07/24(水)

【川畑のぶこ】<Q&A>結婚の悩み

カテゴリー:メルマガバックナンバー, 川畑のぶこ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」
2013・7・24  No.664

<メルマガ登録>
※PC:こちら からご登録ください。
※携帯:こちらから空メールをお送りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

—————————————————————————

◆今日の断捨離     「川畑のぶこへのQ&A」

—————————————————————————

 

水曜日はメルマガ読者の方からいただいた、

川畑のぶこへの相談を、あなたにシェアさせていただきます。

今週は、ある女性から、結婚の悩みについてご相談です。

 

―――――――――――――――――――――――――――――

 

Q:結婚について

 

私は現在、10年以上のお付き合いをしている4つ下の彼がいます。

 

今まで3度結婚を申し込みをしましたが、決定的な言葉で断られず、
今は出来ない、いずれは・・・と結婚の話を遠ざけられました。

 

年齢が上がるにつれ、なんとか別の人にと思い、お見合いをしたり
アプローチをしてくださった方と食事にいったりしましたが、
どうしても私の心が彼に執着してしまっていて、
どうしても別れることができないままで今に至っています。

 

また長い付き合いの中で、彼に何度か浮気をされました。

 

3年くらい知らずに、私も仲良くしてた彼女が
いましたが、「まさかこの方と?」と思う彼女との
浮気が発覚したこともありました。

 

その時の彼の私に対する態度や言葉が、
今でもトラウマになってしまって、深い悲しみ、怒り、妬み、
どうしようもない気持ちに苛まれます。
それが何年経っても消えないのです。

 

今までならその時点で、その人の事が大嫌いになり
顔もみたくなくなり別れていました。

 

自分でもわからないのですが、
彼の事が好きだからどうしようもない?!

 

この気持ちに逆らって、好きでもない人と一緒にいるくらいなら
今の自分の気持ちを大切にしようと執着してしまうのです。

 

これも思い込みかもしれません。
何度も別れを繰り返しましたが、
それでも私は執着して離れられないのです。

 

一年前に私は病気になった事がきっかけで(まだ通院してます)
彼に「心は待てても、体はもうこれ以上、待ってもらえない
(私は子供がほしく、現在42歳)から出来れば
半年以内に結婚を私とできるか返事をいただけないですか?」
と伝えました。ですが、答えをいただくことはありませんでした。

 

半年経った時に私から答えをいただくことを考えましたが、
また傷つくのが怖くて、今度はもう先がないと思い込み、
今の穏やかな付き合いを自分から壊すのが怖くて、
もしかしたらよい返事がいただけるのでは?と
希望をもったりしながら今年にはいってしまいました。

 

そんな時、川畑のぶこさんの本やDVDに先月出合いました。
目からウロコで、日常生活のあらゆる分野で役に立ちました。
私の今の病気との向き合い方も随分かわりました。
川畑のぶこさんの実体験の恋愛の話もとても参考になりました。

 

今、彼とある些細な喧嘩が原因で
私から自分をみつめなおそうと思い、
わざと彼との距離を1か月ほどおいてます。

 

今のこの状態は彼だけの責任ではなく、
私にも原因があった。彼だけを大罪人するのは
一時はいいですが、やはり自分の心にあるのでは?

 

しかし、、

 

考えた結果、今の彼と別れて、あまり好きでもない人と結婚しても
子供ができなかったら、やっぱりあの時別れないでいればよかった
と後悔するのでは・・・

 

これだけ考え悩みぬいたあげく、また普通に何事もなかったように
付き合い、同じ繰り返しを今回もしてしまう自分がいるのでは・・・

 

そんな不健全思考になってしまう自分がいます。
毎日、思考が混合してしまって整理がつかないのです。

 

川畑のぶこさんの本やDVDで、どのような表現で
健全思考の自分のメッセージを書いていいのか、
私の思考は一体何が原因でこんな状態になっているのか、、

 

自分をみつめなおすチャンスをいただく
ヒントをいただけたら幸いと存じます。

 

PS
結婚願望はなく、子供もほしくない女性を除けば、
アラフォーで「自分にも責任がある」と思いながらも、
子供がほしくても結婚ができず年齢だけがあがって、
将来の不安をかかえ希望がみえずウツ状態になっている…

 

そんな人が沢山いるように思います。
私はウツまでには今のところなってませんが、
同じような悩みをもったアラフォー世代に
メッセージを送っていただけると嬉しく思います。

 

【42歳女性 桜さん】

 

―――――――――――――――――――――――――――――

 

FROM 川畑のぶこ

 

まず、桜さんに質問です。

 

現在の彼への思いは、真実の愛からきていますか?

 

YES?
NO?

 

即答できましたか?

 

YES,最悪、結婚しなくてもいいし、子どももできなくてもいい、
それでも私は彼を心から愛している、たとえ何度浮気しても許せる。

 

そう思えるなら、それはそれでOKではないでしょうか。
他人がなんと言おうと、なんだかんだ自分が幸せであれば、
そんな自分を許容してあげる努力をしてみるとよいと思います。

 

人生に正解は無いと思いますし、唯一無二の個性ある人生を
大切にされる姿勢を育んであげてください。

 

それとも答えにつまりますか?

 

真実の愛というよりは、一人になる不安や寂しさから、
なんとか彼を繋ぎ止めておきたいでしょうか?

 

やはり、結婚や子どもなどの条件の方が過りますか?

 

もし、タイムリミットがあることが人生の課題に
盛り込まれている場合は、優先順位を明確にすることは
重要になってくると思います。

 

人生、ときとして何かを得るためには
何かを手放す覚悟と勇気を必要とします。

 

結婚したい、子どももほしい、
でも相手は「結婚願望のない今の彼」
でなければダメという、あれもこれも症候群状態は、
(少なくとも現時点においては)不毛です。

 

まず、愛に流されるのではなく、自分を愛し、
賢く生きる立場をとってみることをおすすめします。

 

文脈から、私が個人的に感じ取れたものは、
彼への愛は真の愛というよりは、彼を振り向かせるための
チャレンジ状態に刺激があり、多少中毒的な状態に
陥っている可能性があるのではないかということです。

 

すぐ目の前にあって、届きそうで届かないものというのは
スリリングでときめきをつくり出すものです。時として、
それが得られることで幸福感が得られるような
錯覚をもたらします。

 

それをいったん得てしまったら、
とたんに ― そう、まるで夢から覚めたように ―
「あの情熱はいったいどこへ行ってしまったのだろう」
なんてケースも多いのです。

 

また、過去に裏切られた経験があると、
自分が裏切りに値しないことを証明するために、
自分を裏切った彼が改心して、誠意をもって
愛してくれることで、自分は正しいことを
確認したい心理がはたらくこともあります。

 

これは、本質的に自分が自分の価値を疑っているので、
他人を通して自分の価値をはかってしまっている姿勢です。

 

親子関係で(特に異性であれば父親との関係で)
過去に何かこなせていない課題があるときに、
その課題を彼氏や結婚相手に重ね合わせて
クリアしようとしてしまうこともあります。

 

その場合、簡単に課題がこなせそうな相手は選ばず、
親と同等かそれ以上の難易度のチャレンジを
試みてしまいがちです。それをクリアすれば
自分をOKと認められると信じているのです。

 

安心してください。チャレンジをしようがしまいが、
そのチャレンジに成功しようがしまいが、
桜さんは生まれながらにして愛される存在です。
桜さんは裏切りに値しない存在です。
ご自身をもっともっと大切にしてあげてください。

 

ご自身を大切にできるようになると、
セルフイメージが高まり、同じように
自分を大切にしてくれる人以外は
受けつけなくなってきます。

 

幸せはそんな延長線上にあるのではないでしょうか。

 

そしてもうひとつグッドニュースは、今の彼は確かに
桜さんがいちばん好きな彼かもしませんが、
あくまでも「『今』いちばん好きな彼」であって、
「『今後もずっと』好きな彼」とか
「『一生でいちばん』好きな彼」とは限らないということです。

 

執着するということは、「今の彼しかいない」とか
「彼なしでは生きていけない」とかと思っていらっしゃること
と思いますが、そうとは限りません。

 

桜さんは今の彼と出会う前は、彼なしでもちゃんと
生きてこられましたし、出会う前は彼と出会うことは
予想できていなかったはずです。

 

ある日、何らかのご縁で出会ったのではないでしょうか?
そうであれば、未来にも自分が予想しなかったような、
今よりもっと自分に相応しい彼が現れる可能性だってあるのです。

 

過去にお見合いしてうまくいかなかったかもしれませんが、
数回の結果が未来の全ての結果にあてはまるわけでもありません。

 

彼を嫌いになれとは言いません。
好きなまま、さらなる可能性に向けて、
前進されて良いのではないでしょうか。

 

いつか「あんなときがあったなぁ…」と
懐かしく思う日がくるかもしれませんね。

 

 

 

川畑のぶこ

 

 

 

PS

★川畑のぶこ&湯島食堂コラボ★
「セルフヒーリングセミナー」のご案内

 

誰かに癒してもらうのでなく、自らを癒すための
メソッドを身につけるための2日間少人数セミナー。

 

マインド+ボディー+スピリット
を整えるサイモントンメソッドと、

 

ビーガン料理のヒーリングメニューが定番
湯島食堂(シェフ:本道佳子)のコラボです。

 

やわらかな光が差し込む癒しスペース、
湯島食堂で、こころとからだの関係、
そして食と私たちとの関係について
じっくりと、和やかに取り組みましょう(^-^)♪

 

スペシャルメニューの昼食と夕食の2食がつきます。
ご参加者には湯島食堂ヒーリングレシピをプレゼント♪

 

詳細・お申込はこちら

http://goo.gl/lAafk

What’s danshari ?  Let’s danshari !  Viva danshari ♪

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

川畑 のぶこ

心理療法家 ・ 断捨離アンバサダー

 

東京都出身。米国マサチューセッツ州エンディコットカレッジ卒(AA)後、経営コンサルティング会社、貿易会社勤務を経て、米国にて通訳・コーディネーターとして独立、通訳の仕事を通じて心理療法に出会う。

 

2002年に日本帰国後、都内を中心とした複数の医療機関において、がん患者や家族のメンタルケア、および心の悩みやストレスを抱える人々に対して日々カウンセリングを行う。そのほか患者会の指導、セラピスト養成研修の指導、医学部での講義、一般市民向けの講演・講義を全国各地にて行う。

 

「断捨離」を自ら実践し、メンタル面へ及ぼす影響を認識したことから、「断捨離」メソッドの普及にも取り組む。

 

断捨離関連著書:「断捨離のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離~私らしい生き方のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離アンになろう」(ディスカバー21)等

 

所属学会:日本心身医学会・日本サイコオンコロジー学会・日本予防医学会 等

 

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト