断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】ストレスフルな生活からの脱却

2020/11/16(月)

【やましたひでこ】ストレスフルな生活からの脱却

カテゴリー:.新着情報, やましたひでこ

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

11月16日、月曜日
<旧暦神無月二日>

昨日は新月。

いつもの愛用の暦には、蠍座新月、
「信頼」「旅立ち」「夜明け前」とある。

思わず、今の自分に
なぞらえたくなる言葉が並ぶ。

信頼をベースにした
軽やかなコミュニティづくりを目論んで、
リトリートを立ち上げ、指宿に旅立った私にとっては、
まさに、新たな人生の夜明け前といったところ。

◇指宿リトリート「思いのままの、思いのままに」
https://ameblo.jp/danshariblog/entry-12636448860.html

さあ、私、やましたひでこがプロデュースした
指宿リトリートが、訪れる人々の癒しの、あるいは、
励ましの時空間として機能していくには、
まだまだ、するべきこと、しなくてはならないことがいっぱい。

そして、今現在、取り組んでいることが、
リトリート施設となったホテル全館の断捨離。

ホテルの歴史の中、
幾度となく繰り返された
営業形態の変化に積み残され、
業務内容の変化に取り残された
大量の備品たちの大断捨離。

それは、一口に大量といっても、
ホテルの施設である体育館のフロアを
埋め尽くすほどの大変な量。

その中から、蘇らせることができるモノを吟味、
そう、拾い上げることも、また、断捨離なんですね。

さてさて、
そんな一大プロジェクトに取り組んでいる私が、
改めて、感じていることがこれ。

私たちの住空間が、
私たちの居場所が、
私たちの住環境が、

今ほど、ストレスでいっぱいになっている
時代はないのではないかと。

しかも、それは、悪化、重症化の一途を辿っている。

多くの人々が、散らかり放題の部屋、
どんなに収納に取り組んでも
一向に片づくことのない家に住み暮らしながら
ストレスフルな生活を送っている。

しかも、その原因は、
「片づけ下手の自分」にあると思い込んで、
自分を責め、自分を苦境に追い込んでいるのです。

いいえ、ダンシャリアンであるあなたなら、
もう、お分かりですよね。

ストレスでいっぱいの空間は、

モノが大量に跋扈(ばっこ)しているから。
モノら大量に堆積しているから。

それら、大量のモノたちが
静かに醸し出している淀んだ気。
それら、大量のモノたちが
ひしめいて発している荒んだ気。

いわば、そういった、
聞こえないノイズ、見えないノイズに、
毎日、毎時間、晒されているがゆえのストレスの蓄積。

だとしたら、そのストレスを解消していくには、

跋扈しているモノたちを捨てる!
堆積しているモノたちを捨てる!

それが、ストレスいっぱいの空間の脱却!
それが、ストレスいっぱいの自分の解放!

なんですね。

だからこそ、私、断捨離のやましたひでこは、
癒しを求めてやって来る人々のために、
励ましを求めて訪れる人々のために、
この指宿リトリートの施設のなっている
ホテルの大断捨離に懸命なのですね。

そう、
大量なモノたちが跋扈している空間に「癒し」などなく、
大量なモノたちが堆積している空間に「励まし」など
ないことは明らかだから。

有難うございます。

今日も、
あなたにとって、
わたしにとって、
最善最良最高の道が
用意されますことを。

やましたひでこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「この家は本当に収納が少ない、、、
だから、片づかないのよ」

子供の頃、母が
事あるごとに言っていたこの言葉。
そして、モノがぎゅうぎゅうに押し込まれた
押入れを見て、いつもイライラしていました。

その時は、収納が少ないから母はこんなにも
大変な思いをしているのだと思っていましたが、
今思えば、ただただモノが多すぎたことが
原因だったんだなと思います。

でも、これは私の母に限ったことではなく
「収納は多い方が良い」といった固定観念は
多くの人が持っていますよね。

それによって必要以上のモノを抱え、
日々、家事の負担を増やしてしまっています、、、

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト