断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】自由闊達に生きる時代の到来

2020/08/10(月)

【やましたひでこ】自由闊達に生きる時代の到来

カテゴリー:.新着情報, やましたひでこ

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

8月10日、月曜日。
<旧暦水無月二十一日>

残暑お見舞い申し上げます。

残暑?

でも、猛暑のような。
でも、酷暑のような。

とはいえ、やはり、残暑なのでしょうね。

そう、残暑=猛暑と思えばそんなもの。
はい、残暑=涼しいというのも、
ひとつの思い込みなのでしょうね。

さてさて、いよいよお盆の週に入るのだけど。

今年は、帰省を諦めて、
ここ東京で過ごすことに。

でも、諦めたと思うと、少しばかり悔しいから、
最善の選択をしたと言い換えておきましょうか。

東京生まれ、東京育ち、
結婚後は、北陸の石川にずっと。
そのどちらが長いかといえば、
石川での生活が倍近い長さと。

そして、また、単身赴任(?)
状態で東京に来て、
私の人生で初めて
一人暮らしを始めて8年ほど。

その間、住まいを変えること5回。

ざっと、見積もっても、
一箇所に2年はとどまらない計算となる。

結婚以来30年以上、
ずっと小さな町での暮らしが続いていたから、
その反動のせいかもしれない。

そして、それ以上に、
元来の根無し草の性分が、
我が意を得たりと顔を
出したのかも知れない。

そうですね、自分を
これ以上抑えてはいけない。

つくづくとそう思う。

なぜなら、人生は自分の
思っているほどには長くはなく、
日々の無為徒食ゆえの
退屈に感じる時間の長さと
混同しているとしたら、

その勘違いに愕然とする時が
くることはあきらかだから。

これからの時代は、そう、
この変化が一段どころか、
何段飛びで激しくなった時代は、
意識も人間関係も空間も、
一箇所にとどまることの方が不思議で、

また、一箇所にはとどまらせては
くれない計らいが働くはず。

この場合の意識とは、価値観。
この場合の人間関係は、
パートナーシップ、結婚生活。
この場合の空間とは、
住み暮らす家、場、土地。

同じ価値観をずっと持ち続けて、
それに囚われること。

同じパートナーとずっと居続けて、
違いに縛り合うこと。

同じ家にずっと暮らし続けて、
そこにしがみつくこと。

いいえ、「ずっと」を、
「最適なずっと」に足らしめるには、
内的な変化を自らが自らに課してこそ、
囚われもなく、縛り合いもまく、
しがみつきもない、
最適な状態、関係、環境を享受できる。

けれど、そのためには、
不断の努力が不可欠であることは
言うまでもないことですね。

さあ、囚われている価値観を断捨離して、
さあ、縛りあっている
パートナーも断捨離して、
さあ、しがみついている家も断捨離して、

人生を自由闊達(かったつ)に
生きる時代の到来。

このコロナ禍は、それを私たちに伝えるために、
今もって収束しないのかも知れないと、
そんなふうに思ってしまう私。

ああ、それも、少しばかり過激な私の性分が、
また頭をもたげているせいかもしれませんが。

あなたは、いかがでしょうか。

はい、私よりも、もっと???(注:原文ママ)の
メッセージを伝える存在、
精神世界の寵児並木良和氏
と対談をいたします。

並木良和&やましたひでこ
対談セミナー
-手放しのシナジー-

事務局主催ではなく、
招聘講座のゲストです。
どうぞ、お問い合わせは、こちらに。
https://peraichi.com/landing_pages/view/0831-yamashita-namiki

有り難うございます。

今日も、
あなたにとって、
わたしにとって、
最善最良最高の道が
用意されますことを。

やましたひでこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

人はだれしも何かしらの価値観に
囚われていますよね。

私も断捨離に出会う前には
気づいていないこともありました。

それと、同時に
やはり自由を手に入れるには
それなりの覚悟と努力が必要なことも
再認識しました。

あなたは、どんなことから
解放されたいですか?
そのために、必要なことは何ですか?

ぜひ一度、じっくりと考えてみてくださいね。

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト