断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】人生の最大の喜び

2020/07/13(月)

【やましたひでこ】人生の最大の喜び

カテゴリー:.新着情報, やましたひでこ

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

7月13日、月曜日。
<旧暦皐月二十三日>

人生の最大の喜びは、
固定観念を手離し、
自分の真理を発見すること。

そしてまた、それが誰かの人生を
変えるために必要となった時、
この真理がさらに深まり、
明確な形となる共時性の展開を、
目の当たりにすること。

ジェームズ・レッドフィールド
「第十の予言」

ずっとずっと、以前に読んだ本。
当然のことながら、内容など
覚えているはずもなく。

けれど、この言葉だけは
大事にしてきた、
その当時から今に至るまで。

「人生の最大の喜び。」
それを、私は断捨離で
日々味わっている。

なぜなら、断捨離そのものが、
固定観念を手離すための作法であり、
その作法を繰りかえすことによって、
私自身の真理であることの
確信を重ねてきたのだから。

「そして、それが誰かの人生を
変えるために必要となった時」
そうですね、今、多くの人々が
断捨離を自分の人生を変える
ツールとしている。

「この真理がさらに深まり、
明確な形となる共時性の展開を、
目の当たりにすること。」
もちろん、目の当たりにしてきたこと
数知れず。

目の前の受講生さん。
目の前のクライアントさん。
目の前の一級検定挑戦者さん。

その傍らに立つことによって。

ところで、今日の夜放送の
BS朝日「ウチ、断捨離しました!」

二人の女性の断捨離ドキュメント。

以前、この番組に登場して下さった
お二人のお宅をやましたが
再訪する内容。

このコロナ禍の最中にも
めげることなく、お二人の断捨離の
進展は目覚ましく、やましたは、
ただただ、その果敢さに関心するばかり。

「後日談」という言葉では表現しきれない、
まさに、冒頭のジェームズ・レッドフィールド
の言葉が映像に記録されたような世界。

私は、自分自身を一番の
果報者と言わざるをえないですね。

「ウチ、断捨離しました!」
https://www.bs-asahi.co.jp/danshari/
2020年7月13日(月)
よる8:00~8:54
「引っ越し!リフォーム!!
断捨離その後スペシャル」

さてさて、今月からは、
「断捨離トレーナー認定講習5期」
も始まる。

この講習に辿りつくまでも大変な道のり、
しかも、厳しい講習を終えたとしても、
即、認定となるとは限らない。

それでも、果敢に挑戦する
5期講習生たち。

そうですよね、講習生自身も、
自分の人生を断捨離で変えてきた
という自負があるからこそ。

けれど、他者の人生にコミットする
という事の重大さをシビアに
味わうことになりますね。

さあ、覚悟を。
そう、いっぱいの覚悟を。
もちろん、私やましたひでこも、
それ以上の覚悟をもって
臨んでいるので。

有り難うございます。

やましたひでこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

まだまだ私は、自分の真理を
模索している途中段階です…

もし今後、発見することができて
それが誰かの人生を変えるために
必要なるとしたら、どれだけ
嬉しく幸せなことだろうと
想像しました。

日々自分と向き合って
探していきたいと思います*

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト