断捨離 | やましたひでこ公式サイト

著書400万部突破、断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】2018年断捨離グランプリ発表!

2018/12/10(月)

【やましたひでこ】2018年断捨離グランプリ発表!

カテゴリー:やましたひでこ, メルマガバックナンバー

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

12月10日、月曜日。
<旧暦霜月四日>

年に一度の大きなイベント
「断捨離祭り」

お陰さまで、2018年も
大盛況で開催することができました。

ご参加の受講生の皆さまに、
ご登壇下さった講師の皆さまに、
運営を支えてくれたスタッフの皆さまに、

いっぱいの感謝を申しあげます。

有難うございます。

会場は、真剣、そして同時に
和気藹々の雰囲気の中、
講師の先生方の素晴らしい
レクチャーが進みます。

もちろん、私やましたひでこも
登壇させていただきました。

けれど、毎年のことながら、
思うことはこれ。

私がどんなに懸命に断捨離を
お話させていただいたとしても、
けっして敵うこことがないのが、
皆さまの断捨離体験ストーリー。

今年も、たくさんの
断捨離体験記が寄せられて、
私は涙しながら読ませていただくばかり。

その中で、
2018年「断捨離グランプリ」に
選ばせていただいたのは、
この方の応募作。

安達章子さん
「父を綺麗な座敷からおくりたい」

安達さんは、断捨離祭りには
参加されていないので、
グランプリの受賞を早くお伝えしたく、
今朝のメルマガで
披露させていただきますね。

以下、全文です。

==2018年断捨離グランプリ受賞作==

「父を綺麗な座敷からおくりたい」

真夜中の電話に飛び起きました。
それは実家の母から、
父が亡くなったとの知らせでした。

お風呂に入っている時に
心不全で亡くなり、
84歳の腰の悪い母一人では
どうにもならなかったので、
お隣の方に手伝ってもらい、
父をお風呂からだし、その後、
ありがたいことに主治医の先生が
すぐにかけつけてくださったので、
病院に運ばれることもなく、
自宅でそのまま寝かせている
とのことでした。

車で実家に向かう間、
父の死の実感はまだわかず、
悲しむよりも私には一つの
大きな心配がありました。

「父をどこに寝かしているのだろう。
 寝かせる場所がないでしょう?」

お風呂場は実家の一階。
父と母は二階に寝ていましたので、
そこには寝るスペースがありますが、
一階には寝かせる場所が
どこにもないのを知っていたからです。

「父を寝かせる場所がどこにもない」

ことわっておきますが、
実家は古い家ではありますが、
2世帯住宅の造りで、
狭いわけではありません。

一階は広縁や床の間がある
10畳の座敷の他に
8畳、6畳、4畳半、
台所があります。

二階は8畳2部屋と
台所がある間取りで、
しかもそれぞれの部屋には
天袋付きの大きな押入れや
物入れがついています。

祖父祖母が亡くなり、
私と妹が結婚して家を出て、
父、母の二人暮らしになってからの
生活には広すぎる家です。

しかし全ての部屋は
足の踏み場もないくらい物で
あふれていました。

捨てられない、
片付けられない母は、
おそらくは何十年も、
古新聞と生ゴミ以外は
何も捨ててこなかったのではないか、
と思うくらい、様々なものが
雑多に積み重なっていました。

父を寝かせる場所がない、
というのは決して大袈裟なことではなく、
本当に心配をしなければならない
状況だったのです。

実家に着くと、父は床の間のある
10畳の座敷の片隅にかろうじて
寝かされていました。

「お父さん・・・」

悲しみの対面もそこそこに、

「よくお父さんを
 寝かせるスペースを作ったね」

と一足先に実家に着いていた
妹に言いました。

「いやー大変だったよ。
 着いたらお父さん、
 廊下に寝かされていたから、
 急いでここまで片付けて、
 布団敷いて移動させたの」

・・・どの部屋もモノで
うめつくされていると書きましたが、
その中でもこの、床の間のある
10畳の座敷は、以前は
立派な客間として使用していましたが、
いつの頃からか客間どころか、
以前祖父や母が習字教室をしていた頃の
座卓や紙類、頂き物が箱のまま、
空き箱に入れ分類された
(しかし活用はしていない)
紙袋、ビニール袋、洋服、小物、雑誌etc…

さらには家具と家具渡してかけられた
物干し竿に洋服がかけられ、
広縁まで到達するには、
ジャングルの中のように、
モノをや洋服をかき分けながら
すすまなければならない有様でした。

もちろん私たち姉妹は
実家に帰るたびに片付けを試みますが、

「何も捨ててくれるな」

という母とすぐに喧嘩になり、
最近は諦めて手つかずに
なっていてました・・・

「それは大変だったね。
 でもこれから弔問の方もみえるよね。
 その場所もつくらないといけないよね・・・」

私たち姉妹には
やらなければならないことが待っていました。

「どうにかしてこの座敷を片付けよう!」

悲しんでいる暇などありません。
仮眠をとってから、片付け開始です。

まずは玄関から座敷までの
廊下の動線を片付けてから
座敷にとりかかりました。

この時はまだ「捨てる」作業までは
本格的にはできず、とにかくは
スペースを空けることに徹しました。

そうしてなんとか
葬儀屋さんとの打ち合わせや
弔問の方をお迎えするスペースを
確保することができて、ほっとしました。

しかしそんな中でも
情けなくなることがありました。

父の枕に敷いてある
バスタオルが汚れたので、替えようと思い、
バスタオルを探したのですが、
どこにもないのです。

こんなにモノがあふれていて、
バスタオルは頂き物の新品や替えのものが
どこかに沢山あるはずなのです。

それが必要な時にすぐに見つからない。
母に聞いてもそのへんにあるはず、
というけれどもそこにもない。

心から情けなくなりました
(後日ごっそりでてきたのは
 言うまでもありません)。

葬儀は1週間後と決まり、
翌日には父の遺体を
その日まで保存するために
葬儀社に預かっていただくことに
なりました。

この時には座敷の広縁から
父をどうにか外に運び出すことが
できるまでは片付けられました。

けれど、このままでいいのか?

これから葬儀が終わり、
お骨になって帰ってきて、
納骨までの間、親戚や弔問の方を迎えるのに、
また最後に父をおくりだすのに、
こんな中途半端に片付いた
座敷からでいいのか。

「綺麗な座敷にして
 お父さんをおくりだそう!」

妹と気持ちは一致しました。
それからが断捨離の本番になりました。

「勝手に捨てないで」

という母を

「今のままでは一週間後の葬儀の後、
 親戚に寄ってもらうこともできないし、
 祭壇をおくこともできない。
 第一これからお母さん一人で住むのに
 安全な家にしておかないと困るでしょう。」

と説得をし、初めて
「あなた達に任せるわ」の
言葉がでて、スタートできました。

葬儀までの1週間、
とにかく断捨離をしました。

座敷にあったものは、
随分前に閉じていた習字教室のものが多く、
その後はだれも後を継ぐことはなく、
今となっては必要ないものです。

その他のものも、
ほとんどいらないものでした。

床の間や広縁、廊下にも
モノが積んであり、
その中には粗大ゴミや
分解しなければならないモノもあり、
捨てるのも大変でしたが
妹と二人で頑張りました。

そして、だんだんと
モノが無くなってきて、
気になってきたのは床です。

畳の部屋なのですが、
その上にゴザがぴっちりと
敷きつめられていました。

そのゴザがすすけたり、
汚れていてみすぼらしいのです。

この下はどうなっているのだろう?
とピンをはずしてめくってみたら・・・
なんと綺麗な畳がそこにあるでは
ありませんか!

「ゴザを外そう!」

といった時の母のことばが
忘れられません。

「はずして畳が汚れてしまったら
 もったいないよ」

ゴザで覆われ、モノで埋め尽くされ、
断捨離をしなかったら
一生日の目をしなかった畳。

それこそがもったいないでは
ありませんか。

「お母さん、今はずさないで、
 いったいいつはずすつもり?
 やるなら今しかないでしょう?」

ゴザははずすことになりました。

これには家具の移動も
必要だったので大掛かりな事でしたが、

「火事場の馬鹿力だったね。」

と後で妹と笑うほどの力が沸いて、
家具も二人で移動し、ピンも
全部外しゴザをはずしました。

青々、とはいかないまでも
綺麗な畳の座敷になりました。

葬儀が終わり、お骨となった父と
親族一同とともに実家に戻りました。

床の間には掛け軸。
綺麗な畳となった
清々しい座敷に祭壇を設け、
お骨を置き、その前で皆と
お茶を飲みました。

前の座敷の状況を
よく知っている叔母が

「あなた達、よくここまで
 綺麗にしたわね!
 大変だったでしょう?」

と言ってくれました。

涙があふれました。
この1週間、悲しむ間も
ありませんでした。

納骨の日、父を綺麗になった座敷から
無事におくりだすことができました。

お父さん喜んでくれているかな。
きっと喜んでいるよね!

実家の座敷の断捨離。
それは私たち二人姉妹の
最後の父への親孝行でした。

==ここまで==

安達章子さん、
受賞おめでとうございます。

妹さんと二人、お父さまに
最後の親孝行ができて
本当に良かったですね。

そう、断捨離は、親孝行でもあり、
旅立っていかれた大切な人への
供養でもあるのです。

章子さん、胸を打つ断捨離体験記、
有難うございます。

PS
「片づけたい」
「断捨離したい」と思いながらも、
料理、洗濯が優先で、片づけは
後回しになっていませんか?
もしそうなら、
今月号の断捨離塾を聞いてみて下さい。

http://123direct.jp/tracking/cr/UfZEIfR9/289813/22009982

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

断捨離体験談を聞いていて
なんだかジーンとくる内容でした。

僕の実家もそうならないよう、
こまめに断捨離を心がけます。

吉川広典

PS
「断捨離したい」と思っていても、
キャパをオーバーしているなら
こちらをご覧ください。

http://123direct.jp/tracking/cr/UfZEIfR9/289813/22009982

What’s danshari ?  Let’s danshari !  Viva danshari ♪

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

無料メルマガ登録

断捨離の配信情報をメールでいち早くお届けします

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト