断捨離 | やましたひでこ公式サイト

著書300万部突破、断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【川畑のぶこ】[Q&A]仲違いしたご近所さんとのつき合い方

2016/10/19(水)

【川畑のぶこ】[Q&A]仲違いしたご近所さんとのつき合い方

カテゴリー:メルマガバックナンバー, 川畑のぶこ

 

水曜日はメルマガ読者の方から
いただいた、 川畑のぶこへの相談を
あなたにシェアさせていただきます。

―――――――――――――――――

Q:仲違いしたご近所さんとのつき合い方

いつも拝見させて頂き、
先生の温かなアドバイスが、
心にすーっとしみ込むような感覚を
味わっています。

今回の相談は、ご近所の方との
付き合いについてです。

この悩みを抱え始め、
かれこれ7~8年近くになります。

書き出してしまうと、その悩みを
抱えていることを自分に認めて
しまうような気持ちになるのが怖くて、
ずっと心にしまい続けていました。

ですが、今日の出来事で、
どうしてもご相談したくなりました。

お互いに同じ歳、同じ性の子どもを
持つ母親同士です。

今の家に引っ越してきて、お互いに
初めての子どもを持ったこともあり、
子どもを通した家族ぐるみのお付き合い
をするようにはなりましたが、
おそらく一方的な誤解と思われること、
そして幼い子どもの起こしたトラブル
などが原因で、ある時を境に、
手のひらを返したような、非常に
冷酷な対応をされるようになりました。
(会っても顔をそらす、子ども同士の
遊びに我が家だけ誘われない、
など、多々。。。)

一方的な誤解と思われることとは、
思い返してみれば、それだったのかな?
と、私自身が推測していることであり、
今となってはそれが本当に一因なのかは
わかりませんが、私自身、彼女に対し、
積極的に嫌な思いをさせたという
覚えはなく、もしそれが一因なら、
私のしたことが親切の行き過ぎ
=つまり彼女にとってはお節介なこと、
だったのかなと思う次第です。

また、子ども同士のトラブルについては、
幼い子どもの不用意な発言で相手の子を
傷つけてしまったということだったの
ですが、丁重に、子どもと一緒にお詫びを
しています。

そんなことが相次ぎ、ご近所ながら
お付き合いを避けるようになりました。
未だに会うと心臓がばくばくして、
とても緊張してしまいます。

ですが、こちらからの挨拶は、
必ずするようにはしています。

彼女のご機嫌がいいとき?は、
こちらが驚くくらいものすごく
愛想よく対応してもらえるのですが、
そうでない場合、
基本的には無視に近い状態です。

そのことについては、私にだけ?
と思い、他のご近所の方にも
聞いてみたのですが、皆そういう
経験を持っているとのことでしたので、
私にだけではなさそうですが、
私が生きてきた中で、今までそのような
態度をとる人と出会ったことがなく、
会ったのに避けられるたびに、気持ちが
落ち込みます。

また、そんなことで日々の気持ちを
不安定にさせられていること自体、
正直、納得がいきません。

また、彼女は言いたいことは何でも
口にするタイプで、このような
断絶状態になる前には、何度となく
ご近所の方や、共通の知人の悪口を
聞かされてきました。

ですが、とても交友関係が広いと思われ、
良いことも悪いことも含め、いろいろな
情報を発信しているのは、断絶状態に
なる前や、極たまにあるご機嫌のいい時の
彼女のやりとりから推測できます。

誰しも、自分の交友関係にある人に対して、
自分の嫌いな人のことをよく言うわけは
ありませんし、彼女の今までの発言を
知っているので、私は彼女の周りにいる人に、
悪口を振り撒かれているんだろうな
というのは、容易に想像できます。

それが故に、
彼女に対してだけではなく、
子どもの学校で初めて会うお母さんに
対しても(自分が色眼鏡で見られて
いるんだなと思うと)、この人は
どちらの味方だろう?どんな悪口を
聞いているだろう?と
勝手に考える癖がつき、
ビクビクしてしまいます。

また、今後子どもが同じクラスに
なることも考えられる為、
クラス替えが不安です。

親の不安は、子育てに悪影響を
及ぼすということはわかっています。

今まで何度も、どうしたら
(そういう彼女の態度を)気にしなくて
済むようになるだろうか?と
自問自答してきましたが、
明確な答えが出ずに解消されないまま、
嫌な思いが募るばかりです。

私にとって、
この問題は生活して行く上で、
まさに目の上のたん瘤です。

そして最近、
子どもの学校に保護者が集まる
機会があり、何度となく近くに
いたのに、顔を外らせられ、
挨拶できずじまいでした。

そんなことがあり、思い切って
ご相談させていただきました。

もちろん、
関係が改善することが一番ですが、
今更、なぜ彼女がそのような態度を
取るようになったのかを聞くことなど
できないと思いますので、せめて、
心臓がばくばくしたり、
不安になったりすることなく、
”普通に”生活できるようになれば、
それだけでいいんです。

何かアドバイスを頂戴できればと思います。
よろしくお願いいたします。

【はな・40代・主婦】

―――――――――――――――――

A:

FROM 川畑のぶこ

悩みを書いてしまうと
そのことに本当に悩んでいるのだと
認めてしまう気がする、
認めたくないから書きたくない、
はなさんの7-8年間の逡巡が
伝わってきました。
その気持ちを素直に認める勇気は
素晴らしいですね。

まず、ご近所さんの態度に関して、
はなさん側でできることと、
はなさん側ではできないことがあります。

はなさんは今回のことで、
ご自身が悪いと思ったことには
きちんと詫びを入れており、
それ以上なぜそのような態度を
取られるのかわからない、
それでも相手が無視をしてくる。

また、相手は基本的に思ったことを
はっきり言う人なのに、
今回のことで理由を伝えない
ということなら、そして、
はなさんもそこまでして理由を
わざわざ確認したくない
ということであれば、今の時点で
できることはすでにやり尽くして
いるのではないでしょうか。

あとは、相手の本質的な問題であって、
はなさんがどうこうできることでは
ないということですね。

はなさんは周囲の人々の評価を
恐れているように思います。

ご近所さんはネットワークを
持っているから、私の悪評が
彼女の口を通じて広がって
しまったらどうしよう、周囲が
私のことを誤解して、私の人生が
機能しなくなってしまう。
という、恐れではないでしょうか。

もちろん、人間は相手の評価を
一つの基準にしながら社会適応能力を
つけていくものだと思いますし、
そのこと自体は自然で問題は
ありません。

ただし、一体、誰の評価を基準に
するのか、誰から評価を得たいのか、
もう一度振り返ってみることを
お勧めします。

はなさんが、ご近所さんが
あちらこちらで悪口を言っていること
が想像できるように、
その人の周囲の人もはなさんのように
彼女は人の悪口を言う人だということを
知っているはずです。

そうであれば、たとえ彼女が
はなさんの悪口を言っていたとしても、
その人たちも「この人はこうやって
人の悪口を言うんだな」と、
判断できるでしょうし、
「話半分くらいで聞いておこう」、とか、
中には「この人の話は信用しないように
しよう」と思っている人もいることと
思います。

そのような、一人一人の中に宿る
センサーを信頼してみては
いかがでしょうか。

そして、彼女のいうことを
信じてしまう人はそういう感性の人。
そもそもはなさんが関係を
維持したい人ではないということも
覚えておくと良いのではないでしょうか。

万人に好かれることは不可能であり
万人に評価されることは不可能です。

たまたま近所にパーソナリティーに
歪みがある人が住むことはあります。
残念ながらそれは避けられないことです。

そのような時に、
そのように歪んでいる相手から、
自分の好みの評価や態度を
得ようとするのは不毛です。

相手の顔色伺いをやめて、
無視されたのなら放っておいては
いかがでしょうか。

自分が良い人でいて誠実に
挨拶をしようとするので、
「私はやってあげているのに」と、
裏切られたように感じるのでは
ないでしょうか。

私は相手を好きではないとか、
相性が合わないと認めてしまうのも
大事です。

それは大人気ない
と思うかもしれませんが、
何をしすぎると、
あるいはしなさすぎると、
自分のニーズが満たされずに
ストレスになるかを知って、
無理をやめる。

相手を自分の思う態度になるように
自分の心を偽り相手に笑顔を
振りまくなどのコントロールをやめて
流れに委ね静観するのも
大人の態度かと思います。

自分が嫌いな相手に好かれようと
しないことです。

大丈夫です。
彼女一人に好かれなかったからといって
はなさんの人生が機能しなくなることは
ありません。

はなさんの尊敬する人や大好きな人から
好かれなかったら心配してください。

そして、はなさんの尊敬する人や
好きな人たちとの関係性をより
豊かに育むことにエネルギーを
注いでみることをお勧めします。

敵がいても、
自分を守ってくれる味方がいる
という感覚は、私たちに
潔さや勇気をもたらしてくれます。

そんな味方は
一人でもいいかもしれません。

もし、はなさんが自分の心を
素直に正直に開示できる相手が
いないのであれば、
そのように出来る人たちを
これから作る努力をされてみては
いかがでしょうか。

必ずしも全ての問題が解決しなくても
人生を機能させることは可能です。
理想的ではなくても、そのことから
新たに学べることもありますから、
そんな好奇心も大切にされてみてください。

応援しています。

PS
川畑のぶこへの質問・ご相談は、
こちらから。
 ↓
https://business.form-mailer.jp/fms/99a39ced23382

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨夜、友人が送ってくれた、
「すべり台ではしゃぐ子パンダ」動画。
(↑コレで検索するとみれます)

癒されました。

どんよりした気分のときにも、
笑顔になれてオススメです。

–青野慶子

What’s danshari ?  Let’s danshari !  Viva danshari ♪

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

川畑 のぶこ

心理療法家 ・ 断捨離アンバサダー

 

東京都出身。米国マサチューセッツ州エンディコットカレッジ卒(AA)後、経営コンサルティング会社、貿易会社勤務を経て、米国にて通訳・コーディネーターとして独立、通訳の仕事を通じて心理療法に出会う。

 

2002年に日本帰国後、都内を中心とした複数の医療機関において、がん患者や家族のメンタルケア、および心の悩みやストレスを抱える人々に対して日々カウンセリングを行う。そのほか患者会の指導、セラピスト養成研修の指導、医学部での講義、一般市民向けの講演・講義を全国各地にて行う。

 

「断捨離」を自ら実践し、メンタル面へ及ぼす影響を認識したことから、「断捨離」メソッドの普及にも取り組む。

 

断捨離関連著書:「断捨離のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離~私らしい生き方のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離アンになろう」(ディスカバー21)等

 

所属学会:日本心身医学会・日本サイコオンコロジー学会・日本予防医学会 等

 

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

無料メルマガ登録

断捨離の配信情報をメールでいち早くお届けします

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト