断捨離 | やましたひでこ公式サイト

著書400万部突破、断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【川畑のぶこ】<Q&A>夫婦の性の悩み

2013/07/10(水)

【川畑のぶこ】<Q&A>夫婦の性の悩み

カテゴリー:メルマガバックナンバー

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」
2013・7・10  No.650

<メルマガ登録>
※PC:こちら からご登録ください。
※携帯:こちらから空メールをお送りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

——————————————————————–

◆今日の断捨離   「川畑のぶこへのQ&A」

——————————————————–————


さて、水曜日はメルマガ読者の方からいただいた、
川畑のぶこへの相談を、あなたにシェアさせていただきます。

 

今週は、ある女性から、夫婦の悩みについてご相談です。

 

―――――――――――――――――――――――――――――

 

Q:夫婦の悩みについて

 

以前の私の苦しみは14年間続いている主人との
望まない夜の生活です。応じないと子どもや私に
八つ当たりするので、主人の機嫌をとるために
歯を食いしばって我慢して求めに応じました。

その為か歯は歯周病でぐらぐらになり、
骨の再生手術を受けました。

 

主人にはアブノーマルな性指向があり、
私の嫌がることをしつこく要求してきます。

 

根負けして応じることもありましたが、その後は、
は手首を切りたくなるほどいやな気分になりました。
それを伝えても、しつこく迫ってきました。

 

最近はやっと断れるようになりましたが、
今年の4月になって「もういやだ!」と行為の途中で叫び、
二度と主人とセックスはしないと伝えると、
主人はパニックになって怒ったり、泣いて謝ったりし、
自分の我慢の努力も認めて欲しいと懇願しました。

 

4月から1月に1度のペースで心療内科に
二人で罹っています。私は自分を抑圧する傾向があり、
他人の機嫌をとる傾向があるということにも
そのカウンセリングの中で気づきました。

 

主人は自分が家族を支配し、自分の思うとおりに
しようとしていて、家族は苦しんできたことに
気づこうともしません。

 

自分も反省して変わってきているので
評価してさらに変わることを手助けして欲しい
といいますが、私から見ると変化はありません。

 

上三人の子ども達も主人のことは嫌いで、
帰りが遅かったり、出張でいないと
あからさまに万歳!といいます。

 

離婚するのがよいと思いますが罪悪感があります。
離婚となれば生活も大きく変わります。

 

子どもに迷惑を掛けたくない、
子どもから父親を奪ってよいのかという気持ちになります。
(大学一年、高校2年、中学三年、3歳の子どもがいます。
いずれも男の子です。)

 

離婚が理由で子どもが非行に走ったら嫌だ、
経済的に苦しくなるのが怖い、主人が絶望して
自殺したら嫌だといったことです。

 

主人は離婚しないといっています。
暴力は振るいませんが、荒れた行動(洗面所で物を蹴る、
死んだほうがましだと聞こえるようにわざと言う。
お酒を毎晩飲む。など)をします。

 

一緒にいると恐怖を感じ、気を使い疲れます。

 

聞くに堪えない話でしょうが、
こんな醜い生活もあるのです。
わたしには勇気が無いのでしょう。

 

私はいったいどうしたいのでしょう?
私は何で勇気が無いのでしょう?

 

【40代 パート 女性】

 

―――――――――――――――――――――――――――――

 

FROM 川畑のぶこ

 

夫婦間の性の問題というのは非常にデリケートで、
是か非かを白黒はっきりつけるのが難しいですね。

 

まず、相手が嫌がっているのに、性行為を強要したり、
応じないからといって、心無い言動等により相手の心を
傷つける場合、これはDV(ドメスティックバイオレンス
=家庭内暴力)にあたります。

 

DVとは必ずしも殴る、蹴る、物を投げるなどの
身体的暴力にとどまらず、性的暴力や精神的暴力も含まれ、
これは夫婦間で成立するのです。

 

そして、いかなる理由であれ(子どものことや経済的なことなど)
暴力は許してはいけませんし耐えるべきではありません。

 

暴力に耐えていると、やがて自己重要感が奪われてしまい、
生きる意味を失ってしまいかねません。

 

下記に精神的暴力や性的暴力の例を挙げておきます。

 

******

 

【精神的暴力の例】
■大声でどなる
■「誰のおかげで生活できるんだ」「かいしょうなし」などと言う
■実家や友人とつきあうのを制限したり、
電話や手紙を細かくチェックしたりする
■何を言っても無視して口をきかない
■人の前でバカにしたり、命令するような口調でものを言ったりする
■大切にしているものをこわしたり、捨てたりする
■生活費を渡さない
■外で働くなと言ったり、仕事を辞めさせたりする
■子どもに危害を加えるといっておどす
■なぐるそぶりや、物をなげつけるふりをして、おどかす

 

【性的暴力の例】
嫌がっているのに性的行為を強要する、中絶を強要する、
避妊に協力しないといったもの。

■見たくないのにポルノビデオやポルノ雑誌をみせる
■いやがっているのに性行為を強要する
■中絶を強要する
■避妊に協力しない

 

******

 

歯周病などの心身症を患ったり、
「手首を切りたくなるほど自分をが嫌になった」
のであれば、 PTSD(外傷後ストレス障害)
でもあることも考えられますし、受診は大切です。

 

既に心療内科にかかっていらっしゃるとのことで、
引き続き治療の継続が望ましいでしょう。
暴力によるPTSDが認定された場合は、
刑法上の傷害罪として処罰されることもあり得ますので、
まずは、それくらい重要なことが起こっている
ということを認識してあげることが肝要です。

 

ご主人の性的嗜好への執着は、心理面においては
仕事や人間関係(家庭内の関係も含めて)、人生の目的など、
何か日常生活の中で大切なニーズが満たされず、
バランスが崩れてしまっていることの穴埋め的に
セックスが利用されてしまっていることも考えられます。

 

ご主人も自覚をもって、真摯にその課題に取り組むことが
出来たのなら、性の問題が解決することもあるかもしれません。

 

ただし、希望は持つのは良いことですが、
過度に期待することはおすすめできません。

 

DVの構造は多くの場合、女性側が耐え忍ぶことを
厭わない性格で、いつか相手が変わるかもしれないと
過度に期待したり、自分がもっと努力すれば
相手を変えられると、相手の問題を自分の問題として
すり替えてしまうことにもよるのです。

 

「我慢出来ない夫」と「常に我慢する妻」の構図です。

 

日本は女性の経済的自立という課題を抱える社会構造により、
男性が配偶者の女性に対して支配的な立場をとり、
家庭内で暴力を振るうことがあっても
黙認されてしまいがちでした。

 

これは個人の尊厳を害しますし、
男女平等を妨げる人権侵害で憲法に違反します。

 

平成23年の内閣府のデータでは、配偶者の暴力に関する
女性からの相談は81075件あります。
これに対して男性からの相談は1024件です。

 

現在は配偶者暴力防止法も整備されています。
国や地方自治体は責務の一環として、
各都道府県に配偶者暴力相談支援センターを設けており、

 

・相談や相談機関の紹介
・カウンセリング 医学的又は心理学的な援助等
・被害者及び同伴者の緊急時における安全の確保及び一時保護
・自立して生活することを促進するための情報提供その他の援助
・被害者を居住させ保護する施設の利用についての情報提供その他の援助
・保護命令制度の利用についての情報提供その他の援助

 

を行っています。

 

現在受けている心療内科のカウンセリングに平行して、
配偶者相談支援センターでの相談を強くおすすめします。

 

子どもの保護や、生活の自立促進に関する情報や
支援を受けることで、安心して前進できるのではないでしょうか。

 

実際に離婚するかどうかは別として、
恐怖感から解放され、安心感をもって
健全な判断と行動ができることがとても重要です。

 

また、支援を受けつつ、自分自身でも
日々自立を意識して生活することは
さらに大切になってくると思います。

 

ご自身も子どもも、決して完璧な条件ではないかもしれませんが、
それでも智慧をしぼって、周囲のサポートも受けながら、
人生を切り開いて行く力を持っていることを
信頼してあげてください。

 

自分は暴力に値しない、
重要な人間であることを思い出してください。

 

どうしたいかわからななくなったときは、
大切な人や愛する人(たとえば我が子)が
同じように苦しんでいたのなら、どんな言葉を
かけてあげたいか、どんな姿勢で接するかを
想像してみてください。

 

そしてそのように自分自身に接してあげてください。

 

 

 

川畑のぶこ

 

 

 

 

What’s danshari ?  Let’s danshari !  Viva danshari ♪

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

 

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

無料メルマガ登録

断捨離の配信情報をメールでいち早くお届けします

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト