断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  断捨離体験談2020(グランプリ:あんさん)

本棚の断捨離から見えた隠れた思い

– あん さん

私はコロナ禍の今年六月、
待望の第一子を出産した新米ママです。
 
今は育休を取り、子育てに奮闘しつつ、
妊娠中から始めた断捨離を続けています。
 
育児中なので
なかなか自由な時間はとれませんが、
自分なりのペースで
「今、ここ、私」を模索する毎日です。

 

妊娠が発覚してから程なくして、
コロナが騒がしくなってきました。
 
初めての妊娠でただでさえ不安定な中、
終わりが見えないコロナの恐怖におびえる日々。
 
思い描いていたキラキラした妊娠生活とは違い、
メンタル的に大きな不安を抱えることに
なってしまいました。
 
それでも母になる日は刻一刻と迫ってくる。
 
仕事と妊婦健診、自宅の往復を繰り返す日々の中、
少しずつ大きくなってくるお腹を抱えながら、
母になるために自宅の環境を整え、
メンタル面も含めて棚卸しをしたい
という強い衝動に駆られていきました。
そんなとき、BS朝日の
「ウチ、“断捨離”しました!」を知りました。
 
毎週夫と二人で見ては触発され、
少しずつ共用スペースの片付けを始めました。
 
出産後の生活をイメージして身の回りを整え、
暮らしの中の小さな違和感にコツコツと向き合っていきました。

 

大分家はすっきりしたのですが、
私にはどうしても
長年手をつけられなかった領域がありました。
 
それは、過去の学業関係の資料です。
 
私は大学院生時代も含めると
約10年間学業に取り組んできたため、
沢山の書籍や書類がありました。
 
4年前に留学を終えて帰国する際に
大分手放したのですが、それでもまだ
本棚に所狭しと紙類が押し込まれていました。
 
特に留学時代のものは思い入れが強く、
二度と手に入らないかもしれないと感じていたため、
本棚はある意味聖域でした。
 
しかし同時に、
この本棚が過去の堆積物であることに、
私は気づいていました。
 
大切なものが詰まっているはずなのに、
本棚をみる度に複雑な気持ちになるからです。
 
母になるために、
過去に落とし前をつける必要がある。
 
母になるためのカギは
この本棚にあると感じた私は、
体調と相談しながら
書類一枚から断捨離を始めました。

 

私にとって本棚の断捨離に挑むことは
とても勇気のいることで、
この時点の心境として、
書類の全捨ては難しいと感じました。
 
まずは総量を減らすため、
明らかにお役目終了のものは処分し、
それ以外のものはスキャンしてから
原本を手放すことにしました。
 
ほこりをかぶり、黄色く変色した書類は、
どんなに認めることを拒んだとしても
隠しきれない時間の経過と、
人生のフェーズの変化をありありと映し出していました。
 
書類とお別れしながら、
何度も涙を流しました。
 
学位取得を断念し、
学業が未完のまま終わってしまった
悔しさや寂しさと向き合ったからだと思います。
 
内容を消化できなかった日本語の書物は、
必要ならばまた手に入ると考えて手放しました。
 
これら一つ一つとお別れすることは、
大げさなようですが
自分の中で一つの時代が終わったことを
ゆっくりと受け止め、
過去の自分をねぎらい、
資料にへばりついていた感情を
浄化させていくような作業でした。
 
つらい作業ではありましたが、
本棚を見る度に
成し遂げられなかった自分を情けなく、
後ろめたく感じていた気持ちから
解放されたような爽快感が生まれてきました。
 
後ろめたさから音信不通になっていた人々にも、
ようやく未完に終わったことと過去に対する感謝、
近況報告をすることができました。

 

断捨離を続けて、出産三日前の深夜。
夫が寝静まった後、私は本棚のある部屋で
突然浮かんできた思いをノートに吐き出していました。
 
私がずっと取り組んできた学科は、
私自身好きではあったものの、
元々は特に母親が好きだった領域でした。
 
優等生だった自分は、
徐々に膨らむ親の期待という重圧に
押しつぶされまいと必死で戦っていたけれど、
そのことがずっとしんどかったのだと
改めて気づきました。
 
妊娠中、なぜ近所の実家に
寄りたくなかったかについても、
自分なりの思いに気づきました。
 
実家に帰ると両親の夫婦仲が悪いことや
母と祖母のバトル、
嫁姑問題に触れざるを得ないことがしんどくて、
母としての本能で無意識に
自分や赤ちゃんの負担になる環境から
身を遠ざけていたのだと。
 
そして今、母に対するくすぶった思いを
克服しなければ、私は母が祖母と
繰り広げてきた悪夢を繰り返すことになる
という恐ろしい事実に気づきました。
 
親もまた、未熟さを抱えた
一人の人間であったという単純な事実を認め、
自分の価値観で生きて良いと自分に
許可できた瞬間でした。
 
さらに、
これまで育ててくれたことに感謝しつつ、
私は祖父母や親の世代が抱えてきた
負の遺産をここで精算し、
子どもに同じ思いを味わわせないと
心の中で誓いました。
 
どうやってこの思いを伝えようと思案しましたが、
臨月になっていたこともあり、
体力やメンタルの消耗を考えて
タイミングを待つことにしました。
 
そして予定日よりも10日ほど早い、
私と夫の交際記念日に、元気な男の子が誕生しました。

 

夫が育休に入るまでの数日間、
母にヘルプを頼んだ際に
タイミングが来たと感じ、
母と腹を割って話しました。
 
今まで母とは何度も衝突してきましたが、
今回は事前に自分の思いを整理できていたことや、
生後間もない赤ちゃんの前で
声を荒げたくないという気持ちもあったこと、
無邪気な赤ちゃんも場を和ませてくれたため、
冷静に話し合いをすることができました。
 
これまでとは違う
柔軟な私の姿勢を感じ取ったのか、
母も私に腹を割って話してくれました。
 
母とは長い間一対一で話しをすることが
少なくなっていましたが、
私が良かれと思ってしていた行動が
押しつけになっていたことを知り、
自分の我の強さを改めて反省しました。
 
お互いにこれまで抱えていた思いを
吐き出したことで、
風通しの良い関係になってきた気がします。
 
母との関係や家族の在り方に
まだまだ改善の余地はあるものの、
これからの家族の未来に明るい光が差し込んできました。

 

過去の資料たちは、
自分がまとっていた鎧でした。
 
押しつけられた親の価値観や、
不和がはびこるいびつな家庭環境の
象徴である一方で、
親の期待に応えようと頑張っていた自分、
自分自身が華々しく輝いていた時代の証。
 
だからこそ、
必死でしがみつこうとしていた半面、
その事実に向き合うのが怖くて辛かった。
 
「ウチ、“断捨離”しました!」の中で
やましたさんがおっしゃった、
 
「人生の中で物事が不完全に
終わってしまうことは往々にしてあるが、
過去に対する不全感にひきずられてはいけない」
 
「住まいは今の自分に合わせて
最適化していかなければならない」
 
という言葉が、私の断捨離の原動力になりました。

 

本棚の断捨離はまだ完成していませんが、
これからもきっと、
沢山のものとお別れしながら、
自分の隠れた思いに気づいていくのだと思います。
 
私がこれまでやってきたことと
今の自分との関係の問い直しは続いていて、
これからどうしていきたいのか
今も自分自身に問いかけています。
 
しかし、選び抜いたものが増えてきた本棚を見て、
もう重苦しい気持ちになることはありません。
 
必要以上に心を武装するのは辞めて、
自分自身の今を生きてよいのだと
許可することができてとても嬉しいです。
 
もっと身軽に自由になるために、
妻や母として成長し、
自分自身の人生を楽しむために、
未熟だらけの私の断捨離はこれからも続きます。

無料メルマガ登録

断捨離の配信情報をメールでいち早くお届けします

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト