断捨離 | やましたひでこ公式サイト

著書400万部突破、断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  断捨離体験談2019(入選:安達章子さん)

たった一枚のお気に入り

– 入選 安達章子 さん

今年の夏、母はグループホームに入居しました。

 

去年、父が亡くなってから、少しづつ身の周りのことをするのにも心配なことが増え、ある日に転んで腰椎を骨折したのをきっかけに入院。リハビリ施設を経由しての入居でした。

 

地元の小さなグループホームですが、6畳ほどの洋室を一人で使わせていただいているので、最低限の家具を入れ、明るい色のカーテンなどで整えて、スッキリととても居心地の良い部屋になりました。

 

「お母さん、スッキリした部屋になって良かったね。気持ちいいでしよ?」

 

「そうだねえ」

 

思えば、ここにくるまで、私が結婚して家をでてから30年間の母の生活環境は物に埋もれていました。
実家は2世帯住宅仕様で、決して狭くない2階建の一軒家です。
祖父母が亡くなり、私と妹が結婚して家をでて、、住人が減るごとにどんどん物が増え、私は実家に来るたびにその状況を嘆きかわしく思い、母とはことあるごとにケンカになりました。

 

実家に帰っても自分の居場所を作るために、まずは物をどかさないと座れない状況でした。
一緒に食事をしたくても、
台所は空きのスペースがないので、調理をするにも大変ですし、
冷蔵庫をあければ、詰め込んでいるものが落ちてくるし、開けたくもない状況でした。
しかし、さすがに衛生上もよくないので、ある時徹底的に片付けたのとがありました。その時には使いかけのドレッシング類が9本、マヨネーズ4本、使いかけの酢味噌和えの素11個(父の好物でした)、からしチューブ4本、わさびチューブ3本(全て使いかけ)
奥の方には賞味期限切れのさまざまなものが、詰め込まれていて、マスクと手袋をして半分以上の物を捨てました。
その横から母が
「ちゃんとよく見て捨てて」
「それはまだ食べられる」
「あなたは何でも捨てる」
と口うるさく、ケンカになります。
しかも、片付けてもまたすぐ元に戻ってしまい、同じ事の繰り返しで、最後はケンカになるので、もう台所は見ない、食事は作らないことに決めました。
お弁当を買ってきて食べればいいと思いましたが、食べる場所を確保するのも大変です。
食卓の上は新聞にチラシ、薬、ダイレクトメール、食べかけのお菓子やお茶などの箱などで溢れて、お弁当すら落ち着いて食べることができません。片付けるとその都度ケンカになり疲れます。
一事が万事ですから、日用品に関しても、シャンプー歯磨き、化粧品、トイレットペーパー、その他ありとあらゆるものが、在庫もあちらこちらに相当数あるし、使いかけのものも複数あるしでどこに何がどのくらいあるかがわからない状態でした。こちらもアイテム別にまとめて、在庫が一目瞭然になるよう工夫したり、在庫があるものは買わないようと言っても、セール品を、見つけるとまた買い足す状況でした。
洋服、下着に至っては、それぞれうんざりするほどの数がありました。
ある時数えてみると
カットソーのようなトップスだけで156枚
パンツやスカート類86枚
下着のブラトップやキャミソールは128枚
ショーツ141枚
靴下にいたつては、タンスだけではなく、ダンボールにまとまってあつたり、ほかの場所からもでてくるでてくるなので、最終数字確認できず(笑)、もちろん、100足以上はありました。
それらが、整理できてなく、タンスや衣装ケースや段ボール、ビニール袋!?などに詰め込まれているので、いざ着ようと思っても着たいものが見つからず、その都度
あれがない、これがないと言い、
買おうとするのです。
「沢山あるでしよ」
「同じような物あるでしよ?」
と言って止めるのですが、
またその度にケンカになり
「ないから買うのに」
「あんたは意地悪だ」
いつも母はこの調子でした。
30年間、このような母との断捨離バトルを繰り返していました。
物に埋もれた実家は居心地悪く、母はいつも文句ばかり、当然行く回数も少なくなっていました。
そして去年の2月に父が亡くなりました。
それからの父の物の整理でも断捨離バトル(本当なこんな言葉は使いたくないですね)がありましたが、母の認知症がゆつくりと始まり、だんだんと文句の勢いがなくなってきました。

 

そして今年の夏、
グループホームに入ってからは、母の様子がすっかりかわりました。
あれだけ物に執着し、捨てなかつた母でしたが、今は何も欲しいとも言わなくなりました。
今の母の部屋はベット、クローゼツト、その上にはテレビと写真立てが3つ。
それ以外の物はなく、本当に清々しいです。洋服や下着も最低限。
それでも文句は言わず、毎日穏やかに過ごしています。
先日、妹と一緒に夏物から秋冬物の洋服を入れ替えにいきました。
その中に母のお気に入りのカットソーあつたようで
「そうそう、これこれ
これが好きなのよ」
私達には何故これが特別好きなのかわかりませんが、なぜか母はこの一枚が気に行って、その後もヘビーローテーションで着ているそうです。

 

実家が物で溢れていたのは、もしかしてお母さんの不満のはけ口だつたのかな。そう思うようになりました。
祖父母、父、私達姉妹にもいつも文句を言っていた母、そんな文句は物になり、母の周りを鎧のように固めていったように思えます。
父が亡くなり、毎日文句を言う相手もいなくなつたので、何もいらなくなつたのかな、そんな風に思います。

 

「たった一枚のお気に入り」
の洋服があるだけで、本当はお母さんはご機嫌に過ごせる人だつたんだね。
早く気がつけばよかったけれど、これからでも遅くないね。
シンプルに、清々しく、
文句なしでこれからは生きようね。長生きしてね。

無料メルマガ登録

断捨離の配信情報をメールでいち早くお届けします

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト