断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  断捨離体験談(グランプリ:匿名希望さん)

「家にいてするべきことをしてきた」

– 匿名希望さん

 

断捨離を始めて半年。とうとう45Lのゴミ袋100枚がなくなりました。
普段のゴミ出しの袋としても使っているので、
ガラクタだけに使った枚数ではないけれど、4.5tってすごい!

 

もともと主婦雑誌が大好きで片っ端から読みあさっていた私は、
結婚して家計を任されるようになり、節約に没頭。
全てはマイホーム取得のため買いたいものも我慢し、1円でも無駄をなくそう、
これは何割引だからこれにしよう、ポイントが多くつくから雨の日に買い物、
夜11時までに10000円以上の買い物をまとめて消耗品かなんか集めて買っておこう、
そうやって時間と労力と費やし、夜中にPCにかじりついて、
確かにいつか必要だけど、今は必要のないものを買いだめする日々を過ごしていました。
それが、出来る主婦だと思い込んでいたからです。

 

でも、断捨離に出会って、やましたひでこさんのお金の使い方のVIDEOをみて
衝撃を受けました。全く逆の事をずっとしていたのだと分かり、
お金に対する考えが変わりました。

 

素晴らしい商品を売っている方にはたくさん払いたいと思うようになり、
何十円の割引ではなく、今生活している自分にふさわしいかどうかで
購入できるようになりました。
ポイントカードも一切破棄。欲しいのはポイントではなく、
商品だということに集中し、そして、なるべく現金で払うようになりました。

 

食費を削る事で頭が一杯でしたが、おいしい野菜を丹誠込めてつくっている
農家の方には気持ちよく払うようになり、日本の食文化の素晴らしさに気づく事で、
穀物菜食になって、食費や洗剤などの日用品や外食費が自然と大幅にダウン
(洗剤なしでもよごれが落ちます)。
日々を生活するのにそんなにたくさんは必要ない、と知った事の価値の大きさを
感じ始めている所です。

 

我慢ではなく手放す事で、もう一踏ん張り頑張ってみようと決心し、
本格的に断捨離に取り組み始めたのが半年前。
ワードローブ、チェスト、カウンター、鏡2枚、洋服30着程を手放し、
重たい高価な洋書インテリア本を断捨離。段ボール3箱はあったと思います。
図書館に寄付もしました。本は、好きなインテリアだけを切り抜き、
台所、キッチンバストイレそれぞれ分類し理想の家のイメージブックを
まとめていた矢先、夫から物件を見に行こうと電話が。

 

約1ヶ月後には何気なく手帳に書いていた、もの凄く具体的な条件を
ほぼクリアする物件を購入することになったのです。
見事にイメージに近いにリフォームした家ができあがりました。
断捨離の最後に手に入れたのはマイホームでした!

 

たくさんの方の助けによって、手に入れる事ができたんです。
私が我慢して我慢していたのは何だったのかとショックをうける程、
トントンと話が決まって、今でもどうやって手に入れる事ができたのか
本当に不思議です。

 

引っ越して2ヶ月経ちますが、断捨離する過程でこうしたいという希望が
明確になっていたし、洋服や物の量が具体的に分かっていたため、
それに合うよう設計する事ができ、こうすれば良かった、というような
後悔やストレスがありません。

 

山が見える!陽が暮れて行くのが見える!夕陽が見える!潮風を感じる!
毎日が気持ちよくて、お日様のいい匂いのする洋服や寝具に触れるたび、
最高に幸せを感じます。

 

「光と風を感じられる家」理想の家の具体的な希望の一番始めに書いた項目です。

 

やましたひでこさんの「家にいないと断捨離はできない」という言葉に励まされ、
外に働きに出ることでお金という対価は得なかったけれど、私は家にいて
するべき事をしてきた、と自信をもって言える気がします。
もちろん経済的に支えてくれた夫には心から感謝しています。

 

今は、家族をちゃんと支えている自分をまずは自分が認めて、
その自分を包んでくれる洋服を揃えたいと思っています。

 

断捨離のおかげで、たくさんは必要ないと体感しているので、ぴったりくる
何着かを手に入れられたら心から満足するだろうなと今楽しみにしています。
新しい家のワードローブに掛けられる幸せを思うと、ドキドキです。

 

これからは、考えすぎない事。全て自分でやろうとしないこと。犠牲にしすぎないこと。
どんなに頑張っても手に入るものもあるし、手に入らないものもあるとわかりました。
努力も大切ですが、自然と成就することもある、叶う事もあるのだと経験しました。

 

まだ未熟な部分はあるけれど、間違っていない、このまま進めば、
もっと幸せになれると思う確信があります。挫折しても、切り替えられる強さを、
へこたれてもそいう自分を認めてあげられる優しさを学んだと思います。
断捨離して、自分を大切にするということがどういうことか
初めて分かったような気がします。

 

今の自分の気分や気持ちにピッタリ来るものかどうかを考えて、
これからも断捨離し続けていきたいです。

 

たくさんの出会いと素敵な気づきを与えてくれた断捨離やましたひでこ先生と
たくさんの素敵なメールマガジンに最大の感謝を込めて送ります。

 

おかげさまでごきげんな自分に出会えそうです。
ありがとうございました。

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト