断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  断捨離体験談(Y.Hさん)

「空気が違う」

– Y.Hさん

 

現在、半身麻痺の夫との二人暮らしの我が家です。

 

断捨離とであったのは、一年位前でしょうか。

言葉自体は知っていましたが、本当の意味を知るのは、本当に最近になってです。

 

メルマガを読むようになってから、衣類を整理し出し、
ほとんど弾くことの無かったピアノを娘の所に持って行き、
夫のリハビリ用にと買った当初だけ使ったジョーバを人に譲り・・

じわじわとそれなりにモノの整理をしていました。

 

それが一気に加速したのがマスターセミナーとプラチナセミナーの断捨離CDを聞いてからです。

 

聞き終えた翌朝、早めに起きて、食料庫の整理をして、一山破棄。

 

さて・・と冷蔵庫を開けると、これが予告無しで突然死していました。
冷凍庫内も完全解凍。

ライトは付いていたので、何時から壊れていたかはわかりません。

 

10年以上使った冷蔵庫で、氷もできなくなっていましたが、
壊れない限り買い換えることはなかったので、動くならあと5~6年はこのままだったと思います。

 

これが機会だったのでしょう。
否応無く保存品は全部破棄となりました。

見直しには本当にベストタイミング。

 

入れ替えない限り、こういうこともないかと思うような捨てっぷりです。

 

これを期にワンサイズ小さな冷蔵庫にしました。
次に食器棚を移動して、棚を2つ処分。
不要な食器と、使わなくて持っていた諸々を無くしました。

片方の壁の棚が無くなったため、部屋が広くなり、歩きやすくなりました。

 

夫のために、いろいろ身の回り品をそばに置いていましたが、
それは逆に「立たずにコロ付きの椅子で移動する」
という横着にさせていました。

 

広くなった後、一度後ろのワゴンにお茶セットなど用意したワゴンを置いてみましたが、即撤去。
せっかく広く歩きやすくなったのに、違和感を感じました。

 

動いて欲しいのに、動かないで済ますようにすることは、親切すぎて逆に不親切でした。

 

当時、2~3日おきに娘が孫を連れてきていましたが、来る度に変わる部屋に、
毎回「え?」と驚いていました。

 

「そんなに日を空けてなくて、これだけ違うのだから、相当捨てているでしょ」

 

納戸の中も、布団類を全部出して、多くて2人の来客が泊まれるだけあれば良いとして、
羽毛布団、シーツや毛布類もざっくり処分。

 

服も全部出して、結果タンスひとつ無くなりました。

 

親戚からぎっしり和服を送ってもらっていましたが、
「着ないしこれからも着る事が無い」
と割り切って、そのままゴミに。

 

振袖も中振も入っていたので、多分数百万円分です。

モノが無くなり始めると、それまで捨てられないと思っていた品が
「存在することに違和感」を感じてきて、実はこれも必要でなかったと分かってきます。

 

長く・・、
「そのうちヤフオクで売ろう」と
思っていた品を、ばっさばっさと捨てられる快感は、なんともいえないものがあります。

 

それでも、私にとって一番捨てられなかったものが本でした。

夫はかなりの散財家だったので、倹約して何でも手作りの私が、
唯一お金をかけていたのが本だったのですね。

 

数万円の品は捨てられても、1500円の本が捨てられないのです。

 

捨てるくらいならヤフオクかアマゾンで売ってお金にする・・
と長く思っていました。

 

本だけで、30年分。
チリも積もればでかなりな量がありました。
このまま売れば一冊数百円で売っても数十万円にはなる量です。

 

結局、本は何回かに分けて、現在半分位を図書館に寄付。

売れば見ることができませんが、図書館に寄贈すれば、
見たい時に見ることができるかも・・・

 

まだ断捨離の途中ですが、非常に快適な生活ができるようになりました。

 

下の娘が「物がなくなったから部屋で声が響く」
「すごく居心地が良くなったし、床に何もない 綺麗になった」
と毎回同じ感想ですが、感動しているのが分かります。

 

久々尋ねて来た上の娘は、
「玄関入ったところから、空気が違う」
「本は捨てられん・・って言っていたのに、変わったね」
としみじみと言っています。

 

断捨離を始めていろいろ変わりました。

 

・夫が、私が片づけを始めたころと時期を同じく、リハビリに意欲的になったこと。

・娘が、私が片づけをしているのと、我が家に来てもきちんと、片づけて帰るようになったこと。

・掃除が楽しくなったこと。

・流しや、食卓の上に最低限のものだけで、不要なモノが何も無いこと。

・いつ人が来ても困らないし、冷蔵庫も開けて見せることができること。

・自宅に帰るのが楽しみになったこと。

 

断捨離をして、幸せは数え上げるとキリが無いほどです。

トイレ掃除も、「お金に困らない」からする・・とか思わなくなり、綺麗が好きだからと磨くようになりました。

 

今、じわじわと体重が減っているのが嬉しいです。
サプリメントを買わなくても痩せますね。

 

現在は職場の断捨離をしています。
私自身がこれほど片づけ好きとは思いませんでした。

これまではあるものを捨てずに、分類整理・・をしていましたが、今は違います。

 

不要なモノは無くても良い と思えます。

自宅は、まだ完全ではありませんが、快適空間になったので、以後はゆっくりと取捨していく予定です。

 

今、断捨離でごきげんに生きる・・をしみじみ感じています。

ありがとうございました。

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト