断捨離 | やましたひでこ公式サイト

著書300万部突破、断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  断捨離体験談2017(彼女との約束)

彼女との約束

– 廣田由紀子さん

 

無意識に「なんでも完璧」を目指してきた私なので、
文章につい力が入りそうですが、
『私に起きた事実』を素直に綴ってみようと思います。

 

幼い頃から「しっかりした子」として育ち、
成績もまあまあで素行も良い。
社会人になれば仕事はそつなくこなす。
結婚してからは「よい妻」「よい母」になろうとして、
知らない間に「よいご近所さん」まで目標に。

 

挙げ句の果てに保育士の資格を取って
フルタイムで働き出す
『自他共に認める頑張り屋』。

 

それが私でした。

 

保育士の仕事は早番や遅番勤務もあり、
わずかでも子どもへの目が離せないという緊張感も必要。

 

子どもたちは大好きでしたが、
仕事と家庭の両立はとても大変でした。

 

しかし、そもそも目標が高かった私は
『もっとできる』『私がやらなければ!』と、
どんどん自分を酷使していきました。

 

 

気づけば家は取り散らかり、家事も満足にこなせず、
ただ疲れきって眠り、また起きて・・・という毎日。

 

さらに息子がなにか問題を起こすと
「職場では『先生』なんて呼ばれて保育の相談にも乗っているのに、
我が子のことは満足に見ることもできない・・・」と、
自分を責めることもよくありました。

 

そんな日々が6年ほど過ぎたあるとき、
体に激しい不調がやってきました。

 

食べるものの味がしなくなり、頭痛や耳鳴りがして、右手が痺れる。
眠れなくなって腰痛がひどくなり、お腹は常に下っている・・・。

 

とにかく今までにない絶不調。

 

一番びっくりしたのは
「最近ぜんぜん笑ってないですよ」
と同僚に言われたこと。

 

そう言えば、このころの私は
『もう生きていても仕方ないかな・・・』
と思うようになっていたのです。

 

ついに周りも私も限界に気づいて、
休職することになりました。

 
仕事を離れ家にいても何もできず、
あらゆる感情をなくした私は、
流れる雲をぼんやり眺めるのが精一杯。

 

人ってこんなに簡単に絶望することが
できるんだと思いました。

 

「感情を失う」ということは、
「生きる力を失う」ということでした。

 

 

そんなあるとき、物置状態になっていた
部屋の隅に、布を被ってホコリまみれに
なっていた「あるモノ」が気になり始めたのです。

 

それは大きな鉄道模型。

 

私の父は模型作りが大好きで、
実家には飛行機のプラモデルが
たくさん並んでいました。

 

この鉄道模型も、
時間ができたら作ることを楽しみにして、
父がパーツをひとつひとつ集めたもの。

 

ところがすべて揃ったところでガンに倒れ、
父は帰らぬ人となりました。

 

父が亡くなったあと、
母が「お父さんのかわりに作って」と
この模型を私に託してきました。
たくさんのパーツは場所を取るので、
母も持て余していたのでしょう。

 

父を失った寂しさと悲しさに、
そして父との楽しかった思い出を振り返りながら、
時に涙しつつもやっと完成させたのに・・・

 

その後何年も経つうち、
この鉄道模型はいつしか私の『心の重り』
となっていったのです。

 

 

たまたま私が作っただけで、
これを「父の形見」だと
思い込んでいたのはこの私。

 

捨てたい、でもそれはまるで
父との思い出を捨てるようで捨てられない・・・

 

私の心は次第に苦しくなっていきました。

 

その苦しさを忘れるために、
布をかけて見えないようにして、
放置していたのかもしれません。

 
『まずこれを捨てなければ!』

 
なぜかそう感じた私は、
さっそく捨てる方法を調べました。

 

「大きいから」「特殊なものだから」と、
今まで『どうやって捨てたらいいのかわからない』
とため息をついていたのは言い訳。

 

すぐに業者が見つかり、
買取り代金まで置いて
その模型を引き取ってくれました。

 

車を見送りながら、
「この何年間は一体なんだったんだろう・・・」
と全身の力が抜けたのを覚えています。

 

これを皮切りに、
私は身の回りのモノをどんどん捨て始めました。

 

空間ができることの清々しさ。

 

モノに貼りつけた『思い込み』まで
捨て去ることの軽やかさ。

 

「よい妻」「よい母」「よい人間」を
むやみに目指していた私から、
「自分自身が『心地よい』と思える家」
を目指す私になりました。

 

寝室を整えるとよく眠れるようになりました。

 

キッチンを整えると食欲が出てきました。

 

リビングを整えると家族との関係がよくなりました。

 
すべては『詰まり』。

 

 

家の詰まりをなくすことで、
私の「思考」が動き出し、
健康まで手に入ったのは本当に不思議でした。

 

毎日が楽しくて、周りに感謝しながら
家族と笑って暮らせるようになったある日・・・

 
とても悲しい知らせが届きました。

 
懐かしい同級生が、家族を残して
自らの命を絶ってしまったと・・・
言葉が出ませんでした。

 

彼女にはもうずいぶん会っていませんでしたが、
その知らせを聞いたとき、
私は彼女の「苦しみ」が
何となくわかるような気がしたのです。

 

真面目で、いつも自分より「人のこと」
を考える優しさ。その優しさが知らず
自分を苦しめていたのではないだろうか。

 

母として、妻として、
彼女もきっとがんばっていたのだろう。

 

でも、「私はいいよ、大丈夫」と
常に自分を後回しにすることで、
知らないうちに自らを追い込んでしまう
危険性があることを

 

そして自分を尊重する「自分軸」こそが、
幸せへの大事な鍵であることを

 

私は断捨離で学びました。

 

だからこそ、できるなら彼女に寄り添って
抱き締めて言いたいのです。

 

『苦しかったね。でもあなた、馬鹿だったよ・・・』と。

 

いま私は、過去の私と同じような
苦しみを味わっている方をひとりでも救いたいと、
断捨離トレーナーになるための努力をしています。

 

八方塞がりで出口のないトンネルの中に
いたような人間が、モノを手放すことで
ここまで変わることができた、
という事実だけが『心の頼り』です。

 

でもその『心の頼り』こそが、
誰かを助ける力になると信じています。

 

 
『自分の人生に自分を捧げる』

 

 
これが私自身と、そして彼女と交わした約束です。

無料メルマガ登録

断捨離の配信情報をメールでいち早くお届けします

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト