断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【川畑のぶこ】男女間のミスコミュニケーション

2020/09/09(水)

【川畑のぶこ】男女間のミスコミュニケーション

カテゴリー:.新着情報, 川畑のぶこ

 

今日は、みなさまからのご相談をお休みし、
近況の出来事を交え、
川畑のぶこの所感をお伝えします。

*  *  *  *  *

FROM 川畑のぶこ

過去にない大型台風が
沖縄から九州を襲いました。

被害に遭われた方々へ
心よりお見舞い申し上げます。

私の実家は南西諸島の
沖永良部島で、台風銀座です。

今回も奄美は直撃の予測だったのと、
実家は築90数年の木造家屋のため、
流石に今回の台風には
持ち堪えられないかもしれないと、
86歳の両親の避難を促しました。

がしかし、
その説得に12時間もかかってしまい、
幾たびも試練を乗り越えてきている
経験豊かな高齢者を説得することの
難しさを実感しました。

曲がりなりにも心理畑の人間として、
いびつなコミュニケーションだったなぁと、
反省しきりですが、その経緯と考察を
みなさんとシェアしたいと思います。

台風が接近する土曜の午前9時、
実家に電話したときは、
親に避難する意思は微塵もなく、
避難を促すと、なんと斬新なアイデア!
みたいな反応をされました。

今回の台風が過去にない規模であることを、
データもって説明しながら、愛情を込めて
穏やかに避難をうながしたのですが、
母と父は難なく了解して、
ありがとうと電話を切りました。

私はこれですべて一件落着と思っていました。

ところが、午後になってもまだ家にいます。

再度同じやりとりをして、
再度母が了解し、
ありがとうと電話を切りました。

ところが、夕刻になってもまだ家にいます。

18時に、島留学中で同居している
ティーンエイジャーの甥に、
いったいいつ避難するのか尋ねると、

「うーん、わかんなーい。
おじいちゃんもおばあちゃんも、
そういう感じではないかなぁ…」

と、甥も一緒に呑気です。

実家に緊急性は微塵も
感じられませんでした。

そうか、父と母お得意の、
すっとぼけ戦法なんだなと
ようやく感づきました。

うるさい娘の言うことをかわすときに、
同意した風を装いつつ、
陰では言われたとおりにはしない、
彼らのしなやかな戦法です。

今回ばかりは命がかかっていますから、
再度、父に電話口にきてもらい、
島を直撃した場合、いかに事態が深刻かを、
丁寧に数字や過去の類似ケースの
被害状況を提示しながら説明しました。

が、そんなデータより、
過去の経験が優るようで、

「歴史に刻まれる沖永良部台風も
乗り越えてきているから」

「家は90年持っているから」

「風が強くなったら避難するから」

「風呂釜に入っとくから大丈夫」

と、話がまったく噛み合いません。

それでも最後は「わかったそうするよ」
と面倒臭そうに電話を切ります。

もはやその言葉を信じない私は、
20時に電話をすると、
予想通りまだ家にいました。

町内のスピーカーからは
避難勧告が繰り返し流れています。

いいかげん、私もブチ切れまして、
「さっさと避難しなさーい!!」と、
近所に轟くボリュームの命令モードに突入です。

心理ケアもコミュニケーション法も
へったくれもありません。

すると、ようやく父の本音が出ました。

「家が飛ぶことなんかないさ」

「たくさんの金をかけて
バッチリ修繕してきたんだ」

「家が飛ぶときはエラブ(沖永良部島)
全部が飛ぶとき、すべてパアになるときだ。」

「すべてがパアになればそれで終わりだ。
(生きている)意味ないんだ。」

と。

ついに、出~た~なぁ~と、
私が切り返しをかけようとするや否や、

横から9歳の息子が間髪いれずに、

「おじいちゃん!
でもおじいちゃんの命は大事だよ!
命があれば、いくらでもやりなおしが
できるよ!だから避難して!」

と割り込みました。

最終的に場を治めたのは、
この息子の一言だったのです。

一瞬、魔を置いて、
「あー、ありがとうよ!
わかったよ避難するよ。」と。

仕方なさと、ありがたさと、
ふてくされとが3分の1ずつの
ブレンドみたいな返答がありました。

それでもすっとぼけ戦法続行の
可能性があるので、念のため、
2軒隣のコンクリート家屋の親戚の家に
事情を説明し、フォローをお願いすると、
ちょうど母から「21時半くらいに避難に行く」
と連絡が入ったそうです。

1時間半後!?いまでしょ?!
とツッコミたくなりましたが、とりあえず、
暴風圏に入る前ではあるのでOKとし、
親戚宅にチェックインしたことを
確認して安心して就寝しました。

ふぅ…
徒歩30秒の避難所の遠かったこと…

結果的に、島の直撃は免れ、
前回の台風よりも弱い風だったとのことで、
ことなきを得ましたが、いやいや、疲れました。

翌日親戚の家に電話をすると、
午前9時前には、両親と甥は
とっとと帰宅していました。

我が家の台風バロメーターは、
裏庭に植えてあるバナナの木が
倒れるか否かなのですが、
今回の台風では一本も倒れず、
バナナを損なうこともなかったとのこと。

父いわく、
「まったく、恥ずかしい思いをしたよ」と。

いったい誰によ!という言葉を飲み込んで、
「から騒ぎで済んで本当によかったね」
と返しました。

あとで聞いたところでは、
前日も、母と甥には避難を促し、
自分は家に残ると主張していたとか。

そう、私の父に対する態度は、
災害弱者の高齢者であるのに対し、
父のセルフイメージはといえば、
バリバリ現役の難攻不落城の
城主だったのです。

避難は恥。

恥をさらしてまで生きる意味はない。

城が崩れるときは己の人生が崩れるとき、

という覚悟をもった侍でした。

人生、カッコいいかカッコ悪いかがキモ。

そういえば、昔から父は酔っぱらうとよく
「とおちゃん、かっこいいぜぇ〜」
とごきげんに自画自賛していましたし、
人に何かを依頼しようとすると
「そんなのカッコ悪いやー」
と頑なに拒むことが多々ありました。

私はこの辺の男としての信念や人生観、
スピリチュアリティーとしての侍魂を
汲むことなく、愛情さえ伝われば、とか、
データをもって事実をきちんと伝えればなど、
理詰で攻めたのが今回の戦を
いたずらに長引かせた原因と見ています。

「祖父と父が守ってきた家は
言うまでもなく天下一!ただ、
今回の台風はどこの難攻不落城も
危険なレベルで、城主たちは
避難を強いられるレベルらしいよー」

「勇気ある退陣も、
潔く優れた戦略で、超カッコいい♪」

くらい伝えられればよかったかなと。

ただし、やはり孫パワーには
優らなかったかもしれませんが。

娘に指図されて動くのはカッコ悪いけれど、
孫にねだられて避難したならご愛敬で
周囲にもなんとなく体裁が整う。

そんな心理を読み取り、
孫をとっとと使う智恵が
私には欠けていました。

さあ、今回の大型台風を乗り越え、
さらに経験値を上げてしまった父。

今後も災害時にどう向き合うか、
智恵比べはまだまだ続きそうです…

このようなやりとりは、
父と娘に限らず、夫婦や男女間でも
多く見られるミスコミュニケーションですね。

相手のニーズがどこにあるのかを
読み間違えると、いたずらに不毛のやりとりが
続いてしまい、愛情ゆえのやりとりが、
憎しみを産んでしまいますから
注意しないといけません。

そんな反省をもちながら、
男女の問題にまつわるお話など、
みなさんと一緒にオンラインで
シェアしたいと思います。

ぜひご参加くださいませ。
 ↓
川畑のぶこZoom講演会
※お申し込みは本日9月9日(水)まで

– 川畑のぶこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

大事に至らず何よりでした、、*

良かれと思って言ったことが
理解されなかったり、
逆に、相手の発言の意図が
理解できなかったりと、
ミスコミュニケーションって
本当によく起こりますよね。

昔は、なぜこんなすれ違いが
起こるのかわからず、憤りを感じたり、
悩んだりしていたのですが、
心理学に興味を持ち始めてから
こういった状況を少し冷静に
受け止められるようになりました。

もしかすると、あなたも
人間の心理、特に男女の心理について
知ることで、今抱えている問題や悩みの
解決の糸口が見つかるかもしれません。

間中亜衣

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

川畑 のぶこ

心理療法家 ・ 断捨離アンバサダー

 

東京都出身。米国マサチューセッツ州エンディコットカレッジ卒(AA)後、経営コンサルティング会社、貿易会社勤務を経て、米国にて通訳・コーディネーターとして独立、通訳の仕事を通じて心理療法に出会う。

 

2002年に日本帰国後、都内を中心とした複数の医療機関において、がん患者や家族のメンタルケア、および心の悩みやストレスを抱える人々に対して日々カウンセリングを行う。そのほか患者会の指導、セラピスト養成研修の指導、医学部での講義、一般市民向けの講演・講義を全国各地にて行う。

 

「断捨離」を自ら実践し、メンタル面へ及ぼす影響を認識したことから、「断捨離」メソッドの普及にも取り組む。

 

断捨離関連著書:「断捨離のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離~私らしい生き方のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離アンになろう」(ディスカバー21)等

 

所属学会:日本心身医学会・日本サイコオンコロジー学会・日本予防医学会 等

 

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト