断捨離 | やましたひでこ公式サイト

断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【やましたひでこ】無用に恐れず、”適度に楽観的に”生きよう!

2020/02/24(月)

【やましたひでこ】無用に恐れず、”適度に楽観的に”生きよう!

カテゴリー:.新着情報, やましたひでこ

 

おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。

2月24日、月曜日
<旧暦如月朔日>

旧暦の一日は、当然ながら新月。

今日の「魚座新月」の
意味するところは、蘇生、希望。
暗闇で春の先取り。

こんな言葉を愛用の暦に見つけて
心を和ませ、ほっと一息。

新型肺炎、この先が見えない禍も、
きっと今日の新月から方向転換、
拡大から終息へと向かっていくに違いないと。

とはいえ、ここ3週間は油断なりませんが。

無用に恐れず、無駄に怯えず、
適度に楽観、楽天的に。

つまり、もしも、感染拡大が
防ぎようもないのであれば、
自分の免疫レベルを上げてまいりましょうか。

罹らない自分づくり。
罹っても発症しない自分づくり。
罹っても軽症の自分づくり。

そう、この自分づくりこそが根本対策。

なかなか手に入らないマスクを求めて
右往左往するよりは賢明な姿勢ですよね。

ところで、私のぎっしり
詰まっていたスケジュールも、
中止や延期の文字と入れ替わり、
余裕が生まれてきて。

はい、外に出ていく必要が
なくなったのであれば、内こもり。
それはもう、いそいそと断捨離、
せっせと読書に励むばかり。

断捨離で住まいを健康と
安全な空間にクリエイトし、
読書で多用な視点を
育むことが出来たのならば、

この思わぬ仕事休みが、
それこそ思わぬギフトを
もたらしてくれるかもしれませんね。

そして、早寝早起も。

私の出鱈目を旨とする生活習慣も
これを機会に軌道修正。

私の場合は、遅寝早起き、
不規則食事が大抵だから、
規則正しい生活が、かえって良い
変化刺激となるのかもしれません。

さあ、どんなことも
終息を迎えないことはなく。

そう、どんなことも
始まりがあれば終わりがある。

ならば、今が闇だとしても、
希望を持って!

ならば、今が不安であっても、
希望を忘れず!

大きな声で歌いながら、
大きな声で笑いながら、

焦らず慌てず、
諦めることは諦めて。

ゆったりじっくり、
諦めてはならないことは諦めず。

毎日を過ごしていきましょうか。

と、以上は、私自身にも
言い聞かせているようでもありますね。

有り難うございます。

やましたひでこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

欲しかったケーキ型を手に入れて嬉しくて
2日に一度のペースで新しい焼き菓子レシピを
試して食べていたら…お肌に吹き出物が><

いくら面白いことでも、夢中になりすぎると
どこかにひずみが出てしまうのですね!

適度にと思いつつ…
やっぱり今日も焼きます笑

宮永笑子

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

やましたひでこ

クラター・コンサルタント
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。

断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。

全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。

処女作『断捨離』<マガジンハウス>は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハウス>の断捨離三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を越えるミリオンセラー。

 

 

メールアドレス(必須):

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト