断捨離 | やましたひでこ公式サイト

著書500万部突破、断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  断捨離体験談2020(入選:ふっちーさん)

生きづらい観念を手放せた時

– ふっちー さん

ヒデコ先生、いつも断捨離をご教授くださり、ありがとうございます。

 

約3年前、断捨離セミナーに参加してからというもの、
断捨離を実践するのがとても楽しいです。
 
初めは家を片付けたい一心でした。
 
先生が
「断捨離をする人は自分が変わりたい時だ。」
と言われても、私はそこまで
自分が変わりたいという自覚はなく、
家を綺麗にスッキリとしたいだけだと思ってました。
 
まだまだその時は自分の生きづらい気持ちに蓋をしていました。

 

1年ほどして服の断捨離を重ねてきて、
タンスが空っぽになったので、
業者にタンスとその他の物の廃棄を2週間後にお願いしたのでした。
 
そしてそのことを夫に報告すると、
反対するではありませんか。
 
これまで夫と意見が合わない時は怒られたり、
不機嫌になられるのが嫌で
自分の思いを抑えてきた時もありましたが、
今回はタンスを捨ててすっきりしたいから説得しようと試みたのです。
 
が、とうとうその日がきても
夫は首を縦にはふってくれず、
仕事に行ってしまいました。
 
もしここで夫に背いたら、
夫は「ダメだと言ったのに、何で捨てたんや!」
というようなことを強い語気で言うだろうし、
鋭い目つきで睨みつけるだろうし、
機嫌は悪くなるだろうと、
想像が膨らんで本当にこわくてたまらなくなりました。
 
私は夫の反対を押し切ってまで敢行できないな、
と改めて思い知らされました。
 
そこへ、断捨離仲間から
今の状況が見えてるかのようなベストタイミングで
「捨てるのよ」「こわいはすすめよ!」
などのメールをもらったのです。
 
これは仲間が背中を押してくれているし、
処分したい気持ちを貫こうと、
清水の舞台から飛び降りるような気持ちで
勇気をふるって業者にタンスを解体してもらい、
出したのでした。
 
夫が帰宅して激怒するかと
恐怖におののいてましたが、
夫は「捨てたんか」の一言でした。
 
私は、100%怒られるかと思ってましたので、
拍子抜けしました。
 
その途端にタンスがなくなって
目の前には大空間ができているのに初めて気づき、
すがすがしく幸せな気持ちで満たされたのでした。
 
この騒動のおかげで
日頃当たり前になっていたもう一つの生きづらさに、
鈍感な私も気付いてしまいました。

 

これまで、
「妻たるもの、夫の休みの日や夜に
夫を置いて出かけては行けない。」
という観念にずっと縛られていたこということを。
 
仕事の勉強会に出席するのに、
夫の許可をもらって行くのですが、
「またか」とか、「そんなん仕事に必要ない」とか
「はぁ」とため息つかれたりとか、
そのように反応される度に、
気持ちは萎えて遠慮して出かけてました。
 
また勉強会が終わったら、
仲間とお茶や懇親会に参加したいと思うのですが、
これ以上は無理と思い急ぎ帰宅していました。
 
勉強会に出さしてもらえるだけで
充分幸せと思いこむようにしていました。
 
これが常となり、
当たり前といつしか疑問ももたないで、
ずっときてたのですね。
 
でも大空間が一か所できたからといって、
この観念をパッと手離すことなどできませんでした。
 
毎日物と向き合って物を手離して
さらに1年経つうちに、
最近家でとても気持ちよく
呼吸ができるようになったなぁと気づき、
 
そうしたら
「なんで、仕事に必要なセミナーに行くのに
いちいち夫のご機嫌を見て許可をもらわなあかんの?」
と自分のばかさ加減にも気づき、
 
夫に話す時に夫の許可をもらう
「行ってもいい?」ではなく
「行ってきます」というべきだ、
と自分に許可を出そうと思いました。
 
それを恐る恐る実践し出して、
出かける時夫が初めて
「気いつけてな」っていってくれたのです。
 
もう心の中で「よっしゃぁ!やったね!」
とガッツポーズしました。
 
やっと、生きづらい観念を手離せたのです。
 
それと同時に夫をそうさせていたのは
自分だったんだなぁと今頃解った次第です。
 
また勝手にハードルを上げてる自分もいますが、
少しだけ自在に行きたいところに
行けるようになった自分をほめてあげたいです。

 

ヒデコ先生、トレーナーの方たち、
断捨離アンの皆さま、
今までどうもありがとうございました。
 
これからもよろしくお願い致します。

無料メルマガ登録

断捨離の配信情報をメールでいち早くお届けします

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト