断捨離 | やましたひでこ公式サイト

著書400万部突破、断捨離®の著者、やましたひでこの公式サイト

 

ホーム  /  【川畑のぶこ】<Q&A>病気の悩みは、実は…

2014/03/12(水)

【川畑のぶこ】<Q&A>病気の悩みは、実は…

カテゴリー:メルマガバックナンバー, 川畑のぶこ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」
2014・3・12  No.895

<メルマガ登録>
※PC:こちら からご登録ください。
※携帯:こちらから空メールをお送りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

—————————————————————————

◆今日の断捨離 「川畑のぶこへのQ&A」

—————————————————————————

 

Q:現在難治病で通院中2年目です。

 

ただ、私の悩みは病気のこと
というよりは、夫との夫婦関係です。

 

病気も夫婦関係のストレスで
生じたと思っています。

 

夫は私が困っているときに
支えになってくれない人間です。

 

これまで、育児のことや姑との問題など、
私が辛いことを吐露しても、そんなの
大したことないとか、放っておけ
といって取り合ってくれません。

 

私が病気になっても、
さほど心配している様子はなく、
大丈夫だとか気力のせいだなどと言って
目を背けようとします。

 

私は家族としてサポートして欲しい
と思い、そう伝えても、通じません。

 

家事などをする頻度は
増えたものの、常に仕事優先で、
帰宅する時間も毎日遅いです。

 

最近はこんな夫婦関係に
終止符を打ちたいと考えることも
増えてきました。

 

私はいったいどうすれば
よいのでしょうか。

 

【女性・40代・S子さん】

 

――――――――――――――――――――

FROM 川畑のぶこ

 

A:

 

S子さんのようなお悩みは
カウンセリングルームでは頻繁に受けます。

 

始めは病気のことに対する
悩みの相談をしていても、
話しているうちに夫婦関係などの
人間関係に行きつくことがほとんどです。

 

臨床経験から、悩みの9割以上は
人間関係という感があります。
(これは自分自身との関係を含みます)

 

「病気のことでなくてすみません」
と詫びを入れて話をする人もいますが、
病気は心理的ストレスと密接であるため、
そのストレッサー(ストレスをつくり
だすもの)を解消することは
とても大切な過程となります。

 

さて、S子さんはご主人が
ご自身のことを親身になって考えず、
サポートをしてくれないことに
落胆していらっしゃるようですね。

 

辛いときに必要なサポートが得られない
というのはとても辛い経験だと思います。

 

人間は楽しいことや嬉しいことが
共有できないことよりも、
辛いことが共有できないことに
より苦しみを覚えると思います。

 

とくに、健康や命に関わる、
人生でもとりわけ重要な課題において、
そのことが共有できないというのは
さぞお辛いことと思います。

 

ただ一つ、少し一呼吸おいて
観察していただきたいのは、
もしかしたらご主人は、
S子さんの望む形ではないかもしれない
けれども、彼なりに心配していたり、
サポートしていたりしないか、
ということです。

 

これも臨床経験からの傾向ですが、
S子さんのような問題に直面している
夫婦(男女)には、「サポート」の
とらえ方に差異があることが多いのです。

 

女性はサポートと言えば、情緒的な
サポートを意味することが多いのに対して、
男性は物理的なサポートを
意味することが多いです。

 

女性はフィーリングに重きを置きますが、
男性は合理性に重きを置く傾向があります。

 

「体調が悪い」と訴えた際、

 

女性は

 

背中を撫でて大丈夫かいと眉をひそめて
心配して欲しいと望み、それを
真のサポートととらえることに対して、

 

男性は

 

「病院へ行ったか?薬は飲んだのか?」
といった合理的で物理的な解決策を
見つけようとします。

 

女性側は、これは「愛していない証拠」
と鬼の首を取ったように訴えるのですが、
実は「合理的な解決法」は
愛情表現でありサポートなのです。

 

額に汗して仕事をして稼ぎ、
家族が経済的に困ることなく生活や
医療サービスを受けられるようにする
というのも、合理的・物理的で
立派なサポートです。

 

要するに、彼は愛していないのでも、
サポートしてくれないのでもなく、
「彼なりに」愛しているし、
サポートしているということです。

 

残念ながら、それが妻の求める愛し方や
サポートの仕方でないということです。

 

問題解決法も、女性の多くは
誰かと気持ちをシェアすることで
解消しようとするかもしれませんが、
男性は独りでじっと考え、自分のことは
自分で解決しようとする傾向があります。

 

ですので、夫は妻が問題に直面している
のを見て「何もしない」のではなく、
自分がそうして欲しいように
「そっと、自己解決することを
見守っている」のかもしれません。

 

どうでしょう、ご主人は
何か問題があったときに、
あなたに解決策を求めるでしょうか?

 

求めない場合、それはあなたを
信頼していないからではなく、
自分で解決することこそ能力
と思っているからかもしれないのです。

 

私達はそれぞれに「自分のやり方」
があります。ところが「自分のやり方」に
あまりにも固執することによって、
知らずして人間関係を損なってしまう
ことが少なくありません。

 

もし、やり方に問題があり、
それを改善したいのであれば、

 

「私は物理的なサポートよりも、
情緒的なサポートを求めている」

 

ということを明確に伝えることが
大切となります。そしてその際には
具体的な例も提示することです。

 

たとえば、先述の「体調が悪い」
と訴えたときのケースなど、実際に
背をさすりこのように声掛けを
してほしいなどを伝えるのです。

 

そんなこと、言わなければわからないのか
と憤りを感じる女性も多いですが、
そこはぜひ、「言いさえすればわかる」
という風に切り替えてみてください。

 

多くの女性にとって「以心伝心」は
生得的かもしれませんが、
多くの男性にとっては
「どこの道場へ行けば学べるのだ?」
という感覚かもしれません。

 

私たちはみな完璧ではありませんから、
学ぼうとする姿勢を称えることが大切
であり、思いやりではないでしょうか。

 

これは単純に差異だと認識してみることを
おすすめします。無論、本当に愛情や
思いやりがなく、非人間的な扱いを
受けているケースであるならば、
対応はこのような流れに限りませんが、

 

ぜひ、もういちど、一呼吸おいて、
本当に関心や愛情がないから
生じている言動なのか、それとも
単なる認識の差なのかを
観察してみてください。

 

====================
残り5席!川畑のぶこの
「セルフヒーリングセミナー」@湯島食堂!
開催のお知らせ♪

 

サイモントン療法と湯島食堂がコラボ♪
こころ・からだ・たましいを癒す
2日間の少人数セミナーです。

 

スペシャルゲストに
「足裏見れば人生がわかる!変わる!」
足裏診断家の市野さおりさん
を迎えてミニワークショップも!
くわしくはこちら↓
http://www.dansharian.com/selfhealingseminar.pdf

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

心理学博士、ジョン・グレイ氏の著書
「ベスト・パートナーになるために」
の前書きが…

 

「そもそも男は火星人で女は金星人だった」
――そう想像してみよう

 

と始まっていたのを思い出しました。

 

男と女は、全く別の星の人間である…
そう考えると全て納得がいくかのように、
「男の当たり前」や「女の言い分」は
相手に通じないものだ…と。

 

また、よく女性が男性に相談する時、
女性は「話を聞いてほしいだけ」なのに、
男性は、アドバイスをしようとする…

 

結果「そういうことじゃなくて!」
と女性は共感が得られずに不服そう。

 

そんな男女間のコミュニケーションエラー
というのは、日常生活でも多いですね。

 

ただ…とりわけ、夫婦間の問題
というのは、ちょっと特殊であり、
友人や家族に相談したところで、
一向に解決しない事が多いもの。

 

…というより、間違ったアドバイスは
更なる関係の悪化を招く可能性も?

 

夫婦間の問題が全くない人なんて、
まぁ、なかなかいないでしょう。

 

今は問題なくても、過去に離婚の危機
があったかもしれませんし、未来は
誰にもわかりません。

 

来月4/28(月)、夫婦問題の
スペシャリスト岡野あつこさんを招き、
やましたひでこと川畑のぶこの3人で
コラボイベントを行います。

 

そんなに身構えるようなイベント
ではなく、夫婦間の関係をよりよく
していくための楽しいイベントです♪

 

ぜひ、お気軽に参加してみてください。

http://123direct.jp/tracking/cr/WVRzYGqr/164399/12136453

 

―安永周平

 

PS
ちなみに岡野さんは、日本テレビ
「解決!ナイナイアンサー」の相談員。
とっても面白いトークが魅力的です。

 

What’s danshari ?  Let’s danshari !  Viva danshari ♪

 

 

 

 

 

この記事の執筆者について

 

川畑 のぶこ

心理療法家 ・ 断捨離アンバサダー

 

東京都出身。米国マサチューセッツ州エンディコットカレッジ卒(AA)後、経営コンサルティング会社、貿易会社勤務を経て、米国にて通訳・コーディネーターとして独立、通訳の仕事を通じて心理療法に出会う。

 

2002年に日本帰国後、都内を中心とした複数の医療機関において、がん患者や家族のメンタルケア、および心の悩みやストレスを抱える人々に対して日々カウンセリングを行う。そのほか患者会の指導、セラピスト養成研修の指導、医学部での講義、一般市民向けの講演・講義を全国各地にて行う。

 

「断捨離」を自ら実践し、メンタル面へ及ぼす影響を認識したことから、「断捨離」メソッドの普及にも取り組む。

 

断捨離関連著書:「断捨離のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離~私らしい生き方のすすめ」(同文舘出版)、「断捨離アンになろう」(ディスカバー21)等

 

所属学会:日本心身医学会・日本サイコオンコロジー学会・日本予防医学会 等

 

 

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM'S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

 

執筆者一覧

 

 

 

最近の投稿

 

無料メルマガ登録

断捨離の配信情報をメールでいち早くお届けします

下記の注意事項に同意の上、お申し込みください。

1.個人情報の管理・取扱いについて

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

メールマガジン申込みされた方の個人情報:ダイレクトメールの送付およびメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

■ダイレクトメールの送付
当社では、お客様よりお預かりしました住所を、当社よりお送りするダイレクトメールの送付のために使用します。ダイレクトメールの送付を希望されない場合は、当社へe-mail、電話、またはFaxにて解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

■個人情報の共同利用について
取得した個人情報は当社グループで共同利用いたします。詳細につきましては当社ホームページの「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。

■Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社経営科学出版
個人情報保護管理者
管理ユニットマネージャー

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 


2.メールマガジン配信サービス登録規約

■登録規約について
本規約は、株式会社経営科学出版(以下、当社という)が配信する『やましたひでこ公式メールマガジン「断捨離」』 メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、当社の「個人情報保護方針」 に従います。

■メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。

■当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき

■禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。 1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること

■システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。

■免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。

■規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。

株式会社経営科学出版 お客様相談窓口
発行責任者:やましたひでこ公式サイト「断捨離」事務局 安永 周平
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-18-4
AHM’S ONE 9F
TEL:06-6121-6211(平日 10:00~17:00) FAX:06-6268-0851

 

ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
ご登録メールアドレスに有料商品やセミナーのご案内をお送りすることがあります。
この無料メールマガジンは、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。
このメールマガジンは、あなたの幸せや成功を100%お約束するものではありません。

 

サイト内検索

 

 

記事一覧

人気ランキング

 

 

 

断捨離塾について

外部サイト